1. トップ
  2. イベント
  3. 【ひらパー光の遊園地2019】大阪のイルミネーションはここで決まり!

【ひらパー光の遊園地2019】大阪のイルミネーションはここで決まり!

ひらかたパーク光の遊園地

いよいよ仕事帰りの夜風が寂しい季節になりました。
って感傷にひたってる場合じゃない!
空気が澄んできて星がきれいに見える季節といえば。そう!冬ですよ皆さん!
冬は寒いだけじゃなく、光り輝やくアツイ季節です!イルミネーションです!
ということで、いきなり冒頭から熱くなりましたが、どうも。冬でもエアリズムが欠かせないNoaです。

今回は、V6岡田くんこと超ひらパー兄さんのCMでお馴染みの、大阪府枚方市にある、ひらかたパークで開催されている光の遊園地に遊びに行ってきました!
おすすめスポットや魅力をご紹介させていただきますので、是非参考にしてみてください!

1.ひらかたパーク『光の遊園地~Time Travel Fantasy~』ってなに?

ひらかたパーク光の遊園地ディズニーランド?USJ?
ノンノン。ひらパーでしょ!
実は、ひらかたパーク(通称ひらパー)は、現存する日本最古の遊園地で、CMのインパクトもさることながら、今なお地元から愛されているちょっと変わった遊園地なんです。
ちなみに最近では外国人の人気観光スポットにもなっているらしいですよ。

そんなひらパーが冬の時期限定で開催している「光の遊園地」は、ただの遊園地ではありません。
読んで字の如し。
園内のいたるところがイルミネーションで装飾され、キラキラと夢のような空間に大変身します!
さらに、なんとこの期間は、通常17時までの営業時間を最大21時まで延長していて、夜も楽しめちゃうんです!
この機会を逃す手はありません。

1-1.開催期間や点灯時間は?

残念ながら毎日、というわけではなく、開催期間の中でも開催している日とそうでない日があります。ですので、事前に開催日程を確認してから行かれることを強くおすすめいたします!

ひらかたパーク光の遊園地参照:ひらかたパーク公式HP

開催期間:
2019/11/3(日)~2020/3/1(日)の土曜・日曜・祝日
2019/12/16(月)~2020/1/6(月)
※12/18・12/31・1/1はイルミネーション営業なし
点灯時間:
17時、もしくは17時半
※日によって変わります。

 

1-2.利用料金は?お得なチケットもチェック!

朝から1日楽しむぞー!って方は、1日フリーパス付き入場券で夜の遊園地を楽しめますが、夜の遊園地だけを楽しみたい、という方に吉報!

なんと最大1,500円もお安くなる、16時以降入場のお得なチケットがあるので、要チェックです!

<入園・フリーパス料金>

入園+フリーパス 入園 フリーパス(入園料が別途必要)
大人(中学生以上) 4,400円 1,400円 3,000円
小学生 3,800円 800円 3,000円
2歳~未就学児 2,600円 800円 1,800円

<イルミネーション営業日限定 ナイト料金(16:00以降販売)>

ナイト入園+フリーパス ナイト入園 ナイトフリーパス(入園料が別途必要)
大人(中学生以上) 2,900円 1,000円 1,900円
小学生 2,500円 600円 1,900円
2歳~未就学児 1,800円 600円 1,200円

※ナイト入園、ナイトフリーパスは16:00より販売開始となります。
※イルミネーション点灯時間以降、アトラクションは24機種の営業になります。
※ナイトフリーパスではご利用いただけない施設・イベントがあります。
※のりものには身長・年齢による利用制限があります。
※表記の料金には消費税が含まれています。
※イルミネーションは入園料金のみでご覧いただけます(別途料金は不要です)。
※他の割引との併用はできません。

フリーパスがお得かは、基本的には有料アトラクションにのる回数で決めましょう!
1日楽しむ場合は6〜7つ以上、16時以降入園の場合は4つ以上乗る!という方は、フリーパス付きの方がお得ですよ。

2.【2019年版】必見!イルミネーションエリア&音と光のプログラムショー

ひらかたパーク光の遊園地光の遊園地というネーミング通り、園内のいたるところにイルミネーションが装飾されています。
そんなイルミネーションスポットを全部ご紹介!
さらに、ただ光るだけじゃない、音と光のプログラムショーも開催されているので、見逃さないでくださいね!

2-1.タイムトラベルファンタジーストリート

ひらかたパーク光の遊園地まずは何と言ってもここ!
フードエリアにあるタイムトラベルファンタジーストリート!
道の真ん中にドーンとある何やら時計のようなオブジェがついた巨大ツリーが目印です!

ひらかたパーク光の遊園地しかも、ツリーの前にはフォトスポットがあり、写真映えするようにオブジェが飾られているので、インスタやSNSにあげたい方はもちろん、そうでない方もぜひ記念撮影してみてください!
また公式HPに、「100年以上、夢の時間を刻み続けている古時計。羅針盤が動き出す時、不思議なタイムトラベルが始まる。」とあるように、ただ時計のオブジェが飾ってあるだけではなく、幻想的な音楽と共に羅針盤がぐるぐる回りはじめる、とっても不思議で楽しい音と光のプログラムショーがあります!
少しだけですがその様子を撮影しましたので、是非ご覧ください!

音と光のプログラムショーは、決まった時間に行われますので、事前に開始時間をご確認ください!

音と光のプログラムショー
毎時00分、20分、40分(1回約7分)
※16:00〜閉園時間までとなります。

 

2-2.ランタンカーニバル広場

ひらかたパーク光の遊園地ここも外せません!
というか、ちょっとなにこれ!超幻想的!!
タイのコムローイ祭という無数のランタンを夜空に浮かべる、某アニメ映画でも有名なお祭りがあるのですが、まさかこんなところで出会えるとは。
しかも、ただ光るだけじゃないんです!
なんと!このエリアでも音と光のプログラムショーがあり、青・赤・緑とグラデーションのように色が移り変わってきます!
その瞬間は「おぉー」とみなさん驚きと感動で声をあげていました。かく言う私も自然に声が出てしまいましたね。こちらでも、その様子をすこーしだけ動画に収めましたので、是非ご覧ください!

音と光のプログラムショー
毎時10分、30分、50分(1回約5分)
※16:00〜閉園時間までとなります。
※エリアごとに時間が異なります。

 

2-3.タイムトラベルトンネル

ひらかたパーク光の遊園地続いてはこちら!
今までの賑やかなイルミネーションとは変わりまして、ちょっと落ち着いた静けさの漂う大人な雰囲気のイルミネーションです。
なんだか少し寒さも増してきた気がします。

ひらかたパーク光の遊園地トンネルに入ると、見える景色が全てイルミネーションに。
そして何より驚いたのは、トンネルを進む方向で色が変わるという不思議な空間です。
進んだ方向からふと振り返ると、別世界が広がります。

ひらかたパーク光の遊園地お分かりいただけますでしょうか?
1枚目は青く輝いていますが、2枚目は黄色一色。
でもこれ、ほんとに振り返って撮影しただけなんです!
最初に振り返ったときは、「え?!どうゆうこと??」と戸惑ってしまいましたが、タイムトラベルトンネルという名前の通り、不思議な体験ができるスポットとなっています。
先に見える未来と振り返って見える過去。
なんだかほんとにタイムトラベルをしているような気持ちになります。

2-4.光の花園

ひらかたパーク光の遊園地そして最後のおすすめイルミネーションスポットは、タイムトラベルトンネルを抜けてしばらく歩いた先に、ひっそりと佇んでいる光の花園です。
幻想的、という言葉をそのまま目の前に広げると、こんな風景になるんじゃないかと思うほど、幻想的です。
このエリアは、園内の一番端にあるため、アトラクションを楽しむ声も少し遠くの方から聞こえてきて、他のエリアとは違った雰囲気を醸し出しています。
そのためか、気がつくとしばらくの間、ぼーっとそのやわらかい光の様子を眺めてしまっていました。
しかも運がいいことに、ちょうど音と光のプログラムショーが始まったので、時間を忘れて楽しむことができました。
といっても実際見てみないとわからないですよね。
ってことで、ここもすこーしだけですが動画撮影しちゃいました(笑)

音と光のプログラムショー
毎時05分~、以降10分毎に開催(1回約3分)
※16:00〜閉園時間までとなります。
※エリアごとに時間が異なります。

 

3.絶景!夜にしか味わえないおすすめナイトアトラクション!

夜の遊園地を楽しむためには、そう!アトラクションもかかせませんね!
そんな中でも、おすすめのナイトアトラクションを3つご紹介させていただきます!

3-1.ノームトレイン

ひらかたパーク光の遊園地まずは遊園地といえば絶対と言っていいほどありそうな、汽車型のアトラクション「ノームトレイン」です。
しかし、実は私これなめてました。
正直子どもが楽しむものなんじゃないか、と思っていましたが、そんなことありませんでした。むしろ、ちょっと感動しました。
ただ線路の上を走るのではなく、きらびやかに飾られた列車が、これまたきらびやかに飾られた庭園の中をゆっくりと巡っていく様子は、まるで幻想的な世界の旅人になった気分。

ひらかたパーク光の遊園地

ひらかたパーク光の遊園地列車の外観はこんな感じできれいにイルミネーションが施されていて、これだけでもワクワクしてしまいますね。

ひらかたパーク光の遊園地最後の方に、青一色のトンネルがあるんですが、ここが一番のおすすめポイントです!
その雰囲気に感動しながらも、おもわずシャッターをきってしまいました。

あと、これは私のおすすめの乗り方ですが、まず明るい時間に1度乗っておいて、暗くなってからもう1度乗っていただきたいです!
なぜなら、明るい時間のときからは想像できないほど、イルミネーションに囲まれた風景を楽しめるからです。2回乗るのは時間も取られてちょっともったいない気もしますが、それだけで倍楽しめると思います!

3-2.ファンタジークルーズ

ひらかたパーク光の遊園地続いては、ノームトレインのすぐ隣にある、ファンタジークルーズです。
このアトラクションは、水の上に浮かんだボートに乗って、四季のお花が咲いている庭園をゆらゆらと散歩します。

ひらかたパーク光の遊園地

ひらかたパーク光の遊園地水に浮いているためか、それともきれいに装飾されたお花や木々に囲まれているからか、なんだか夢を見ているような感覚になったので、勝手ながら癒しのアトラクションと名付けました。(笑)
でもほんとに、他とは違う時間の流れを感じられるので、歩き疲れた体をそっと癒してくれますよ。

3-3.スカイウォーカー(観覧車)

ひらかたパーク光の遊園地やっぱり遊園地にきたらなんと言っても観覧車ですよね!
ひらパーの観覧車は、最頂部約80mで1周約10分の空の旅を楽しめます。

ひらかたパーク光の遊園地

ひらかたパーク光の遊園地

ひらかたパーク光の遊園地そして観覧車から見えるこの景色。どうですか。
遊園地全体がイルミネーションで輝いていて、まさに光の遊園地じゃないですか?
遠くの方に見える街の灯とのコントラストも絶妙ですね。
今日1日で乗ったアトラクションや訪れたスポットを見つけたり、「あっちが北かな?」なんて面白みのない会話ですら、ロマンチックに感じちゃうくらい観覧車の夜景って人を魅了させるものがありますよね。

ただ、暗くなってくると混み合ってしまうので、どうしても待ち時間が発生してしまいます。ですので、事前にトイレに行ったり、暖かい飲み物を買うなどして、待ち時間もストレスフリーで楽しめるようにしておきましょう!

4.イルミネーションフード?!この時期だけの限定グルメ

まさかここまでイルミネーションが及ぶとは、ひらパー兄さんといい、本当に徹底していますね。とことんまで光の遊園地を楽しめるように、という想いが伝わってきます。

4-1.光るピカピカわたあめ

ひらかたパーク光の遊園地こちら光るピカピカわたあめです。
文字通り光ってます。(笑)
正確な販売開始時間はわからなかったのですが、暗くなってきたら準備し始めて販売開始されているようです。
ただ、ちょうど準備中のときに近くを通ったのでそのまま待っていたのですが、最初のお客さんが購入したのをきっかけに、子どもたちがどんどん引き寄せられていって、すぐに行列となりました。(5〜10人程度)

ひらかたパーク光の遊園地こんな感じで、臨時で立ち上がるので、明るい時間帯は販売していません。

販売場所:ノームトレイン、メリーゴーランド近くの「トゥインクル」
販売開始:17:00〜(暗くなってきたら準備するようなので多少前後しそうです)
価格:500円

 

4-2.光るタピオカ

ひらかたパーク光の遊園地え?これなんで光ってるの?
と思いますよね。(笑)
ポスターにも同じように光っているタピオカが写っているのですが、最初見たときは、これ食べれるのか?と一瞬不安になりました。
でもこれ、実はタピオカが光っているんではないんです。
種明かししちゃうと、

ひらかたパーク光の遊園地そうなんです。
実は光っているのはテーブルに取り付けられたライトで、タピオカ自身が光っているわけではないんです。
でもこれかなりインスタ映えするのでおすすめです!
もちろん味は間違いなし!美味しかったですよ!

販売場所:スカイウォーカー下広場「ANGEL BEAR」
販売時間:10:00〜(ただし暗くなってからじゃないと光るタピオカの再現はできません)
価格:500円
※表記の料金には消費税が含まれています。
※メニュー、価格は予告なく変更する場合があります。

 

5.光の遊園地を楽しむためのアドバイス

普段は17時に閉園してしまうひらパーですが、冬の時期限定で遅くまで営業していて、普段とは違った楽しみ方ができます。
ひらパーを遅くまで楽しむためにも、事前に準備しておいた方がいいものがありますので、是非参考にしてみてください!

アドバイス

・夜はかなり寒いので、防寒具は忘れずに!人気アトラクションでは待ち時間が発生してしまうので、カイロを持っていくなど、待っている間の防寒対策はしっかりしておきましょう

・一部アトラクションが時間によっては閉まってしまうので、事前に確認をしておきましょう

・光と音のプログラムショーはエリアによって開始時間が違うので、回り方を予め考えておいた方がスムーズです

・暗い時間なのでカメラの性能が低いとあまりいい写真が撮れません。後から見返して残念な気持ちにならないように、もし準備できそうならデジカメや最新機種のスマホなどを準備しておきましょう

・イルミネーションは色が変化したりと動きがあるので、写真だけではなく動画もとっておくことをおすすめします

 

6.まとめ

ということで、今回はひらかたパーク(通称ひらパー)の光の遊園地を熱くご紹介させていただきました!
もちろんいろいろなところでイルミネーションを見ることはできますが、ここまで楽しめるところはなかなかないんじゃないでしょうか。
賑やかな装飾ショーから静かで癒しを感じる大人なイルミネーションまで、この冬はひらパーの光の遊園地で幻想的な夜を楽しんでみてはいかがですか?

※ひらかたパークの詳細情報はこちら


他のエリアのイルミネーションならこちら

※大阪で観光するなら

※大阪でデートするなら

関連記事

ライター紹介

Noa
Noa
デザインとかWEBとかしながらTシャツ売ったり、八尾市を盛り上げたり。経営したりイベントしたり事務局したり、あとたまに釣りしながら猫の親をやってます。

Instagram
Instagram

#ういらぶ大阪
あなたのwe love 大阪を紹介してください。(大阪のグルメ、大阪のスポットなど限定)
読み込み中...
人気記事
ページトップへ