1. トップ
  2. お役立ち
  3. 【大阪府】新型コロナウイルス助け合い基金への寄附ついて

【大阪府】新型コロナウイルス助け合い基金への寄附ついて

2020.05.11

新型コロナ助け合い基金

世界中で感染が広がる新型コロナウイルス。
大阪府でも感染者が増え、外出自粛や休業要請など、様々な影響が出ています。
そんな中、感染リスクの不安を抱えながらも、昼夜を問わず業務を行なってくださっているのが、医療従事者の方々です。

そこで大阪府では、こうした新型コロナウイルス感染症の最前線で活動してくださっている、医療従事者の方々を支援するための基金【新型コロナウイルス助け合い基金】を設立しました。

この記事では【新型コロナウイルス助け合い基金】の概要や、寄附方法などをお伝えしていきます。
皆さんの気持ちを、少しでも多くの医療従事者の方々に届けましょう。

1.【新型コロナウイルス助け合い基金】概要

【名称】
新型コロナウイルス助け合い基金

【申込方法】
①郵送・ファックス・メール

②電子申請(大阪府公式HPからの申込)

③クレジットカード(VISA・Master・JCB)

④ふるさと納税サイト「さとふる」

【寄附してくださった方々に対して】
氏名公表に同意された場合は、芳名をホームページ上で掲載されます。
10万円以上の寄附者には、大阪府知事の感謝状が贈呈されます。

【税制上の優遇措置】
個人:所得税・住民税の寄附控除(ふるさと納税制度):詳細ページ※大阪府民の人も対象です。

法人:寄附金相当額を損金算入できます。

相続税:申告期限までに、遺贈により地方公共団体等に寄附した財産については、相続税の対象としない特例があります。

【問い合わせ先】
大阪府健康医療部 新型コロナウイルス助け合い基金チーム
〒540-8570 大阪市中央区大手前2-1-22 大阪府庁本館5F
電話番号(代表):06-6941-0351(内線4678・4666)
ファクシミリ番号:06-4397-3259
Eメールアドレス:tasukeaikikin@gbox.pref.osaka.lg.jp

 

2.寄附方法

それぞれの寄附方法を詳しく紹介していきます。各々の納付しやすいやり方で納付してください。
②電子申請と③クレジットカード、2つのやり方で納付いたしましたので詳しい手順を後に紹介していきます。

以下参考までに、

②電子申請は、申請後、大阪府から納付書が届いて(納付書が届くまで数日かかります)銀行等に行かなければなりません。

③クレジットカードは、パソコンやスマホからすぐに納付できました。

 

2-1.郵送・ファックス・メールでの申込方法

新型コロナ助け合い基金ファックス①申込書をダウンロード:寄附申込書

②必要事項を記入

③郵送・ファックス・メールにて、寄附申込書を送付

宛先:大阪府健康医療部 新型コロナウイルス助け合い基金チーム
住所:〒540-8570 大阪市中央区大手前2-1-22 大阪府庁本館5F
ファックス:06-4397-3259
メールアドレス:tasukeaikikin@gbox.pref.osaka.lg.jp

④寄附申込書の受付完了後「納付書」が送付されます

⑤納付書がお手元に届きましたら銀行等で入金してください

※大阪府の公金収納の収納取扱金融機関の窓口で入金いただけます。

2-2.電子申請による申込方法

①電子申請のサイトから必要事項を入力:電子申請サイト

②受付完了後「納付書」が送付されます

③納付書がお手元に届きましたら銀行等で入金してください

※大阪府の公金収納の収納取扱金融機関の窓口でご入金ください。

2-2-1.電子申請による申込の手順はこちら

電子申請による申込手順を、画像でご説明いたします。

新型コロナ助け合い基金電子申請サイトをクリックすると、申込画面になります。

 

新型コロナ助け合い基金必要事項を入力していきます。
個人・法人ともに、このページから申し込みができます。

 

新型コロナ助け合い基金住所や寄附金額などを確認します。

 

新型コロナ助け合い基金申し込みが完了しました。納付書が届くまで待ちます。

 

新型コロナ助け合い基金納付書数日後、大阪府納付書が届きました。
吉村大阪府知事のご挨拶文、納付書、寄付金税額控除に係る申告特例申請書(こちらの用紙は個人の方でふるさと納税ワンストップ特例制度を利用される方は大阪府への送付が必要となります)などが入っています。
納付書を使って大阪府の公金収納の収納取扱金融機関窓口で入金をします。

 

2-3.クレジットカードによる申込方法

※お支払いには、VISA・Master・JCBが利用いただけます。

①電子申請のサイトにメールアドレスとパスワードを登録:電子申請サイト

②申請者IDを取得

③申請者IDとパスワードでID認証し、申請内容入力ページに必要事項を入力

④申込み受付後「健康医療部新型コロナウイルス助け合い基金チーム」から、入力した連絡先あてに、確認のため連絡がきます。確認ができたら、申込み受付完了です。

⑤入金が確認でき次第、領収証書が届きます。

※領収証書の発行までに1ヶ月から1ヶ月半の期間を要しますので、あらかじめご了承ください。

⑥クレジットカードの利用代金の支払いは、カード発行会社の会員規約に基づくお支払いとなります。

※カード会社により、支払日が異なります。支払予定日などについてはカード会社が発行する利用明細書などにてご確認ください。

 

2-3-1.クレジットカードによる申込の手順はこちら

大阪コロナ助け合い基金まずは、申請者IDを取得します。(こちらは大阪府のあらゆる寄附をする時に使用できる申請者IDです)

 

大阪コロナ助け合い基金パスワード(自分で決める)、メールアドレスを入力します。同意するボタンもチェックしてください。完了後、登録したメールに申請者IDが届きます。

 

大阪コロナ助け合い基金申込画面に戻って、次は赤く囲った「申請を行う」ボタンを押して手続きします。

 

大阪コロナ助け合い基金先程、取得した申請者ID(メールで届いています)と登録したパスワードを入力します。

 

大阪コロナ助け合い基金氏名や住所、納付金額など必要事項を入力していきます。

 

大阪コロナ助け合い基金入力した内容を確認後、クレジット決済情報を入力します。

 

大阪コロナ助け合い基金これで納付が完了いたしました。

 

大阪コロナ助け合い基金すぐに、登録したメールに納付完了のメールが届きます。入金の確認後に領収証書が送られてきます。

 

2-4.ふるさと納税サイト「さとふる」による申し込み

ふるさと納税制度を活用して、医療従事者等を支援することができます。
こちら(さとふるサイト)をクリックしてください。
※ふるさと納税サイト「さとふる」のホームページに移動します。
申込みにあたっては、「さとふる」ホームページ上の案内をご確認ください。

 

3.まとめ

この記事では【新型コロナウイルス助け合い基金】についてまとめました。
今この瞬間にも、多くの医療従事者の方々が、新型コロナウイルスと戦ってくださっています。

私たちにできることは、とにかく外出をしないこと。

そして、医療従事者の方々を少しでも支えられるよう、寄附をすることです。
ひとりひとりの小さな力は、積み重なれば大きな力となります。
一刻も早く新型コロナウイルスを収束させられるよう、私たちができることを、精一杯行いましょう。
そして、新型コロナウイルスの最前線で活動してくださっている医療従事者の方々に「ありがとう」の気持ちを伝えましょう。

大阪府ホームページはこちら

関連記事

ライター紹介

non
non
フリーライターのnonです! 美容・観光・情報メディアで記事を書いてます。 海外旅行(特にメキシコ!)と純喫茶が大好きです! 大阪ならではの魅力を発信していきます!

Instagram
Instagram

#ういらぶ大阪
あなたのwe love 大阪を紹介してください。(大阪のグルメ、大阪のスポットなど限定)
読み込み中...
人気記事
ページトップへ