1. トップ
  2. グルメ
  3. 道頓堀の猫カフェ【ぐるぐる堂】でモフモフ天国!浮気してごめんね。

道頓堀の猫カフェ【ぐるぐる堂】でモフモフ天国!浮気してごめんね。

猫カフェ

「猫飼いの人が猫カフェに行くと、浮気している気分になる」というウワサを聞いて、「本当なのかね?」と思っていた私。
結論から申し上げますと、「その通りでした」。
今回は私の浮気現場を公開いたします。

※道に迷ったらこちら
道頓堀グリコ看板への最寄り駅・行き方をナビ!

※道頓堀周辺のグルメ情報はこちら
絶対食べたいおすすめのランチ9選を紹介します。

1.愛猫を残して、はじめて浮気をした道頓堀。

私は日本酒をこよなく愛していますが、それ以上に猫を愛しております。動物は全般的に好きですが、猫への愛情が突き抜けておりまして。ずっとずっと猫との生活を夢見て、ついには、トイレに入っているとき足にすり寄る猫を妄想して「あれあれ、どうしたのぉ~」と独り言を口走るようになり、これはイカンと猫との生活を始めて2年半。
私の愛猫は8歳の女の子「月子」といいます。

ねこカフェこのサビちゃんです。
いや~~かわいいですね~~!!!
これは、月子が初めておじさんのように座った日の記念写真です。
この日以来、このような座り方をすることはありません。
引っ越ししたての頃だったので「なんだこの部屋は!元の家の方が広かったぞ、馬鹿野郎チクショーめ!」と、やさぐれていたのかもしれません。

月子が私のもとにやってきたのは彼女が6歳のとき。どうしても猫と暮らしたくて、いろいろな里親募集サイトを検索しまくり(世の中には保護猫ちゃんや保護犬ちゃんが本当にたくさんいまして。なんとか皆さま幸せな出会いを見つけてほしい)、いろいろな猫ちゃんを見まくり…。そして見つけた「賢い」という紹介と、美人さんなお顔立ちにひかれて里親会に参加して…。速攻、決めちゃいました!

月子との慎ましくも穏やかな日々を過ごす中で、また大阪出張のチャンスが巡って参りました。
月子はとても賢い女性で、一泊ならきちんとお留守番できます。
お食事もおトイレもつつがなく済ませ、お部屋を荒らすこともありません。

出張当日、「行ってくるよ」と、ダンボールの上(引っ越しの片付けがまだ終わっていない)にちょこんと座っている月子に声をかけた朝。
このときは、まさか自分が浮気するなんて思ってもみませんでした…。

ねこカフェここは大阪、道頓堀。打合せが終わって、せっかくだから大阪の夜を楽しんでから帰ろうと、一人、道頓堀川沿いを歩く。
けれども、街の喧騒と打ち解けられずに、ひたすら川を傍らに歩く。
あー……これは疲れている。川にやたら親近感が湧くときは、私、疲れているのよ。
こんなときは…スマホで検索しよ……私の疲れを吹き飛ばすスポットはないかしら。

………今日はもうこれしかないな。

というわけで、グリコが見える道頓堀真っ盛りのところから横断歩道を渡り、ドン・キホーテとマツモトキヨシが並ぶ通りへ…。

さてどこへ行くのでしょう?ゲームセンター?なんか娯楽施設?びっくりするほど旨いお料理屋?いえいえ、違います。

ねこカフェドン・キホーテの横の「久左衛門」の看板が光る通りを進みます。

ねこカフェすると右手にちょっと愉快な感じのビルが。
目指すは4階…

ねこカフェ愛猫というものがありながら、癒しが欲しくて、ついついやってきちゃいました。
ほんの出来心だったんです…。

2.猫cafe「ぐるぐる堂」。そこは罪悪感を忘れる場所

入り口を開けたら最後でした。
私は「月子以外の猫と遊ぶ」という未知の世界へ連れ出されたのです。

右に下駄箱、左に脱出防止の引き戸。その向こう側には、迎えてくれているのか逃亡を試みているのか判別できない猫さまの姿が…。
家に帰れば月子がいるのに、「わぁ!猫ちゃん!」と思ってしまう。それも仕方がない、猫は尊いのだから、と心の中で言い訳する。
猫さまをたしなめながら、スタッフのお姉さんが靴を脱いでこちらへと促します。
慌てて靴を脱ぐ私。早く中に入らなければ、と焦って靴がうまく脱げない。
月子にバレるとでも思っているのでしょう。

その後は無我夢中であまり覚えていません。
レジでお店の説明を受けたり、支払いをしたりしている間に、あらゆる猫さま方が、私の脚にタッチをしてくるんですもの、しょうがないじゃないか。
「あらやだ、ちょっと待ってよ、そんなに急がないでよぉ」と、いきなりモテてしまい戸惑うばかりの私。

しかしながら、あっという間に私の周りから猫さま方は離れていきました。
さっきまでのハーレム状態はなんだったのだろう…と、呆然としつつ、いかにも猫っぽいその行動に「これこれ」と思ってしまう。
ツンデレこそ、猫の真骨頂。
こうして私は、奔放な猫に翻弄されるがままになり、「月子以外の猫も可愛いんだから、好きにならないなんて無理だろう」と、言い訳を心の中で繰り返し、浮気をしているという自覚がありながら、罪悪感をなくしてしまったのです。

3.バリ+猫で癒されないわけがないではないか。

月子と出会う前、いくつかの猫カフェにいきましたが、ここ「ぐるぐる堂」さんの雰囲気は一線を画しておりまして…。

ねこカフェ店内にはバリな雰囲気のキャットタワーとベンチが設えられ、おしゃれな照明がほわりと灯り…バリ感満点のミュージックがゆったりと流れ…。
そこで、自由気ままにふるまう猫さまたち。

もはや楽園でしかありません。
ほかの言葉が見つからない。

閉店1時間前の平日だったので、ほかにお客さんはいません。
猫の国に私が紛れ込んだ感じです。

ねこカフェかわいこちゃんがカバンをクンクン。いいよ、もうハムハムしちゃってもいいよ~と思ってしまいます。それがたとえお気に入りのカバンだとしても。

ねこカフェ畳が敷かれたスペースもあります。ちゃぶ台もあって、ここで猫と和めば、「ザ・日本の平和」が再現されます。が、畳で座っていても、みなさま私を素通りしていくだけでございます。
ですが、ふわっふわもっふもふの後ろ姿を見てるだけで和み度MAXなので、不満はまるでありません。

ねこカフェ「どうぞ我が家に寄ってらっしゃい」と心の中でつぶやきますが、(ほかにお客さんがいないとはいえ、レジのところにスタッフさんがいるので、声に出すのは恥ずかしい)来そうな子がいても、なかなか敷地内にいらっしゃいません。

浮気をしている、しかし、ここに月子はいない!私はほかの猫ちゃんと遊びたい!
「これは自分から営業をかけなければ!」と、一念発起し、うろうろを開始しました。

4.私の膝がモテた!

このぐるぐる堂さん、私の猫カフェ経験史上、最強に人懐こい子が多い!(今まではツンツンな子がほとんどだった)

うっかり携帯をほかのところに置いてきてしまって写真が撮れなかったのですが、スタッフさんに「ここに座ると膝に乗ってきますよ」と言われて、その通りにしてみると、本当に

ねこカフェこの子が膝に乗って来たんですよ!
そうそうないですよ、そんなこと。私の膝がお役に立てて良かったと感激しきりでございました。
そんなこんなでひざの上の猫さんをモフモフしながら和んでいたら、思わぬ事態が!!

ほかの猫さまが寄って来たかと思うと、この子を威嚇したんですよ!
ひるむ膝の上の猫さん、圧をかける猫さま……
すると、これこそまさに「すごすご」という感じで、猫さんが私の膝から去っていきました。
そして、私の膝に新たに鎮座したのが、

ねこカフェこの子。ボディはちっちゃめなんですが、なかなかの強気。スタッフさんがたしかボスだと言っていました。
前代未聞の「私の膝の奪い合い」を制した猫さまは、先ほどまでの殺気立った様相がウソのように、膝の上で大人しく丸まっています。
もはや天使!そのぬくぬくの感触を楽しみます。猫の体はあったか~いです。

ちなみにめっきり寒い今日この頃、月子と一緒に寝ているのですが、彼女が顔に覆いかぶさってくれると、非常にあったかいです。けれども、寝返りが打てません。

あ、月子のぬくもりを思い出してしまいました。
帰らなければ、という思いと共に、この時間は限られているという思いも湧き起こり…
「今を楽しまなければ!」という結論に。

さて、ほかの猫さまとも触れ合いたいけれど、膝のこの子を下すのは忍びない…というわけで、ひざに乗せたままで移動を開始!座ったまま、ずるりずるりと前進。(かなり怪しい絵だったはず)けれども、動じず降りない猫さま。
申し訳ないと思いつつ、よろしいですか?とお声がけして、とんとんとしたら、若干ご不満そうでしたが、膝から降りてくださいました。
私のようなものの膝に乗ってくださりありがとうございました。
いや~~、モテたな~私の膝。

5.猫もいろいろなんですよ。

ぐるぐる堂さんには本当にいろいろな猫さんがいます。

ねこカフェ籠に入った高級感溢れるファーのように見えて、

ねこカフェ気品溢れる猫さまでございます。

ねこカフェ籠から出ると、さらにダダ漏れる気高さよ。

ねこカフェ我が家にも降臨いただきました。

ねこカフェ箱入り猫さま。猫さまはやっぱりダンボールが好き。
出てくる様子がないので、ずっとここでお過ごしなのかしら?と思っていたら、

ねこカフェ移動していました。
狭い場所がお好き、いかにも猫さま。

ねこカフェやっと全身を拝見!
もっふもふ!私のようなものが触れるとせっかくのもふもふ具合が落ちるのではないかと思えて、なかなか触れない…

ねこカフェおぉぉぉ!白いボディにピンクのお鼻とお耳がキュート!
カメラ目線にも慣れていらっしゃる。女優さんになれますよ!

ねこカフェ後ろ姿も美しや~~

ねこカフェ上から猫さまに見下ろされるの、たまらん。

ねこカフェ地上に降り立ってもたまらん。

食べてるの永遠に見てられる。

水飲んでるの見るだけで、幸せ。

ぐいーんって体伸ばすの気持ちいい。
ガリガリと残した爪跡さえも愛おしい。

ねこカフェお顔がくしゃっとしてるの見るだけで、幸せ。

ねこカフェ猫を超えてもはやライオンの風格。

ねこカフェスフィンクスさんかしら?

静かに鎮座してばかりではない。運動神経抜群なところも拝見。

ねこカフェあ、おトイレ覗いてすみません!!

6.猫の楽園にさよならを告げる。

ねこカフェ楽しい時間はあっという間…

ねこカフェあぁ。さみしい…
でも、私は月子の元に戻らなければならないのです。
みんな、かわいかったよ。
さようなら、またお会いできると嬉しいです。
そのときは、もう、私のことなんて忘れてると思いますが、それでいいのです。

ねこカフェこの扉の向こうには、禁断の世界が待っております。
愛猫がいらっしゃる方も、たまには浮気心出しちゃいましょうよ。
「みんな可愛いけれど、やっぱりうちの子が一番可愛い」
ってなりますから。

店名:猫カフェ ぐるぐる堂
住所:大阪市中央区西心斎橋2-4-6 花月第1ビル4F
TEL:06-7492-4060
営業時間:11:00~22:00(月曜日は~20:00)
※月曜日が祝日の場合は火曜日が~20:00
料金:1時間1,050円。
フリータイムのプランもあります。
猫「カフェ」なので、ドリンク多数あります!1ドリンク付きです。
定休日:基本無休
アクセス:御堂筋線なんば駅25番出口から徒歩3分
近鉄・阪神 大阪難波駅から徒歩5分

 

猫ちゃんを眺めながら、のんびりティータイムも楽しめますよ。
(私は猫さまに夢中で飲み逃してしまいました…)

人気店なので、週末よりも平日を狙うのがおすすめです。
平日のなんばの夜に、猫さまに会いにいくのもまた至福のひととき。
お店のブログを見るだけでも癒されます…。
猫さま方の情報を東京からチェックするのが最近の楽しみでございます。

7.月子に浮気はバレるのか。

家の玄関を開けるなり「にゃお、にゃお」、部屋のドアを開けるなり、にゃおにゃおスリスリが止まらない月子。
くんくん手のにおいを嗅がれたとき「浮気がバレるのではないだろうか」と、内心ヒヤヒヤしましたが、「浮気したにゃーーーーっ!」と威嚇されるようなことはありませんでした。

しかし、まあ、やっぱり月子が一番ベッピンさんです。
それを定期的に確認するために、また猫カフェに訪問しようと思います。

ちなみに、私は人間の男性の浮気は許さないタイプです。

それでは、またお会いしましょう!

※道に迷ったらこちら
道頓堀グリコ看板への最寄り駅・行き方をナビ!

※道頓堀周辺のグルメ情報はこちら
絶対食べたいおすすめのランチ9選を紹介します。

※道頓堀の詳細情報はこちら
【道頓堀観光】グリコで有名な大阪道頓堀を徹底紹介!

※日本酒をこよなく愛するライターの食べ歩き記事
【大阪はしご酒】女1人で朝から呑めって?京橋1人飲み歩き

関連記事

ライター紹介

Haruna.U
Haruna.U
東京付近の千葉に在住。 猫と酒のために日々仕事をしているアラフォーライター。 酒があればどこへでも行きます。

Instagram
Instagram

#ういらぶ大阪
あなたのwe love 大阪を紹介してください。(大阪のグルメ、大阪のスポットなど限定)
読み込み中...
人気記事
ページトップへ