1. トップ
  2. 観光スポット
  3. 【ひらかたパーク】ひらパーの乗り物・グルメ・イベント・お得情報を紹介!

【ひらかたパーク】ひらパーの乗り物・グルメ・イベント・お得情報を紹介!

ひらかたパーク

今回は大阪の人ならみんな知っている!ひらかたパークに行ってきました!
名前の通り、大阪府枚方市にあるテーマパークで、現存する日本最古の遊園地です。
最近ではひらパー兄さんのCMや、コラボイベントなどで話題になっていますよね。そんなひらパーのお得情報や魅力を分かりやすくお伝えしていきます。

1.ひらかたパークとは

ひらかたパークは『ひらパー』という愛称で親しまれており、大阪府内の入場者ランキングでは、あのUSJに続き2位に位置している関西の人気テーマパークなんです。
約40種類あるアトラクションや期間限定イベントだけではなく、夏にはプール、冬にはイルミネーションやスケートと子供から大人まで1年中楽しめます。

2.種類が豊富な乗り物や園内施設を紹介!

ひらパーにはたくさんのアトラクションや休憩場所、フードスペースがあります。

走る子供に着いて行くのも大変、しかも園内は意外と高低差があって疲れてしまうんですよね。アトラクションや園内散策を楽しんだらフードスペースでひらパー限定スナックを楽しむのもおすすめです。

2-1.おすすめアトラクション

ひらパーには子供から大人まで楽しめる、約40種類のアトラクションがあります。
その中でも特におすすめのアトラクションを紹介していくので、是非トライしてみてくださいね!

①木製コースター エルフ

ひらかたパークまず絶叫系が好きならこれ!
木製のコースをすごい速さで進むジェットコースターです。
木製だからか横揺れもあったりと迫力満点な乗り物です。

②レッドファルコン

ひらかたパークこちらもエルフに負けじと人気のジェットコースター。
時速70kmで進むスピード感は絶叫系好きの方にはたまらないですね。
公式サイトによると、さらにスリルを味わいたい人は一番後ろの右の座席がおすすめだそう。
なにが起こるかはお楽しみ!

③絶叫の滝 バッシュ

ひらかたパーク入り口は怪しげですが、こちらは急流すべりです。
子供から大人まで楽しめるアトラクションになっています。
丸太に乗ってジャングルを体験していき、最後の落下ポイントでは絶叫度を測定してくれます。
是非1位を目指してみて下さい。

④トロールパニック パチャンガ

ひらかたパークこちらも子供から大人まで楽しめる、6人乗りのアトラクションです。
ゴムボートで激流を下っていくんですが…

ひらかたパーク入り口にも「濡れます」の看板が設置されているので、濡れる確率が非常に高いです。
乗る人数や場所によってはずぶ濡れになることも?!
これがまた面白いポイントですね。
夏は快適ですが、冬は風邪をひかないように対策することをおすすめします。

⑤サイクルモノレール

ひらかたパークてんとう虫のサイクルに乗って、全長232mのコースを自分の足でこぎながら進むアトラクションです。
高い場所から園内を見渡せるので、乗ってる間にいろんな風景を見られるのがおすすめポイントです。
混雑状況も見渡せるかも?!(笑)

⑥スカイウォーカー

ひらかたパークこちらはみなさんご存じの観覧車です。
こちらのオススメポイントは、園内はもちろん、大阪の景色を360度楽しめる事です。
観覧車内からの景色はこちら。

ひらかたパーク淀川の向こう側には高槻市の街並みが綺麗に見渡せます。
ゴンドラはゆっくり動いていくので、じっくり大阪の景色を楽しんでください。
また冬は期間限定の『光の遊園地』というイベントで夜間営業をしている日があるので、ライトアップされた園内をみることもできますよ。

2-2.あたま系アスレチック「ヤッテミ~ナ」

ひらかたパークこちらの施設は子供向けのアスレチック施設です。
ノーマルコースとチャレンジコースの2つのコースに分かれており、小さいお子様から小学生のお兄ちゃんまで楽しめる施設になっています。

ひらかたパークこのように様々なアスレチックが設置されており、子供が夢中になる事間違いなし!
こちらはフリーパスで遊べますので、お子様連れの方にはおすすめです。

【ご利用注意】
・2歳以上の未就学児の方は15歳以上の付添者(無料)が必要
・1歳以下の方は15歳以上の同伴者(有料)が必要
・高低差や、滑りやすい場所もあるので、動きやすい服装や運動靴がおすすめ

 

2-3.フードスペース

園内で思う存分遊んでおなかが空いたらここ!
昼食や、軽食が楽しめるおすすめのお店を紹介します。

①PIPIN’s House(ピピンズハウス)

ひらかたパークこちらはひらかたパークのキャラクター「ピピン」の形をしたワッフルや、ポテト、ソーセージなどのスナック類、ハンバーガーなどの軽食を取り扱っています。

ひらかたパークピピン形のワッフルはどこから食べるか迷いますね(笑)

②GNOME’S DINING(ノームダイニング)

ひらかたパークこちらはフードコートのようになっていて、うどん・カレー・ラーメン・たこ焼き等があり、とても賑わってました!少し早めに行ったほうが良さそうです。

③マジカルラグーンキッチン

ひらかたパークこちらは現在『進撃の巨人』とコラボし、期間限定で『リーブス商会Café枚方支店』となっているので、進撃の巨人コラボ商品を中心に、タピオカミルクティーやソフトクリーム等の軽食を販売しております。
進撃のコラボ商品は後ほど紹介しますね。

3.現在開催中のイベントや季節限定イベントを紹介!

ひらパーでは季節ごとのイベントやコラボイベントも定期的にあり、アトラクション以外でも十分に楽しめます。
今やっているイベントや、季節限定イベントも含め紹介していきます。

3-1.進撃の巨人展「FINAL」

ひらかたパークこちらは現在開催中のイベントで人気アニメ『進撃の巨人』の展示イベントです。
『進撃の巨人』好きにはたまらないイベントになっています!
ちょっとだけですが公開しちゃいますね(笑)

ひらかたパークまるでアニメの世界に入り込んだかのような展示はかなり興奮します!

ひらかたパーク途中壁が壊れている箇所もあったので、向こう側から巨人が覗いてくるのを想像すると…
恐怖の世界です!
その他にも関連グッズがたくさんあり、進撃の巨人のグッズ売り場やコラボショップもありましたよ。

ひらかたパーク商品は撮影不可でしたが、進撃の巨人好きにはたまらない空間でしたよ。
商品の詳細はこちらを確認ください。
https://reeves.kyojinten.jp/

コラボショップ 『リーブス商会』

こちらのコラボショップには進撃の巨人をイメージしたフードメニューや、キャラクターイメージのドリンクが用意されています。
今回注文したのはこちら!

ひらかたパーク・壁の中と外をイメージした『ウォールパンケーキ』
・エレン・イェーガーの真っ赤に燃えたぎる巨人たちへの復讐心をイメージした『強炭酸 ブラッディーオレンジ』

パンケーキで進撃の巨人の世界観を完成させるなんて…
巨人の気持ちでぺろりと食べちゃいました(笑)

数量限定になりますが、キャラクタードリンクを頼むとコースターがもらえます。

こちらのイベントは2019年12月1日で会期が終わり、「FINAL」とうたっているだけあってこれで最後になるのではないでしょうか?
進撃の巨人が好きな方は是非行ってみてください。

※現在は終了しています。

3-2.新・菊人形展

ひらかたパーク菊人形展は昔からあるので、ひらパー名物と言っても過言ではないんじゃないでしょうか?
そんな菊人形展が今風にアレンジされ『新・菊人形展』として展示されています。
2019年のテーマは『新訳 おとぎばなし』です。
おとぎばなしの世界観にあった、菊人形を楽しめますよ。

ひらかたパーク菊人形×プロジェクションマッピングで感激する事間違いなし!
こちらも12月1日までの期限定イベントなので注意が必要。

※現在は終了しています。

3-3.光の遊園地

ひらかたパークこちらは2019年11月3日から始まっているイベントで、閉園時間を延長したナイト営業で園内のイルミネーションやプロジェクションショーが楽しめます。
2019年のテーマは『タイムトラベル』。
不思議な古時計がいざなうタイムトラベルの世界観と、音と光のプログラムショーをお楽みください。

ひらかたパークアトラクションや園内がナイトバージョンになり、日中とはまた違った楽しみがあります。

※詳しくはこちら

3-4.【夏季限定】プール「ザ・ブーン」

ひらかたパーク夏季限定のイベントとしてかなり人気です。
ウォータースライダーも4種類(子供向け含む)ありますし、水深も様々で小さいお子様から大人の方まで幅広く楽しめます。
しかもプールのエリアから一時外出OKで、このシーズンのみ水着で園内のアトラクションを楽しめます!

※プールを利用の方は入園料とは別に料金がいるのでご注意ください。

3-5.【冬季限定】スケート「ウィンターカーニバル」

ひらかたパークひらかたパーク公式HP参照

冬季限定イベントとしてこちらもかなり人気です。
2019年は12月7日から始まりますよ。
スケートエリアにはリンクが2か所あり、スケートを楽しむことができます。さらにスノーエリアには、雪投げが出来る雪あそび広場が2か所ありますよ。
未就学児優先のベビーリンクもありますので、小さいお子様から大人の方まで楽しめます!
スケート靴も貸出(有料)を行っていますので、手ぶらでも利用できますよ。

※スケートを利用の方は入園料とは別に料金がいるのでご注意ください。

4.園長の部屋に入れる?!ひらパー兄さんのグッズも紹介

アトラクションやイベントで充分楽しめるひらパーですが、ひらパーと言ったらやっぱりこの人ですよね。
現在の園長(ひらパー兄さん)V6の岡田君!
枚方市生まれなのは結構有名ですが、大河ドラマにも出た国民的アイドル×ひらパーの面白いCMはなかなか衝撃的です!
youtubeでも閲覧出来るので、気になる方は「ひらパー CM集」で検索してみてください。

そんな園長の部屋に入り、写真が撮れる撮影スポットがあります。

ひらかたパーク机の上にはCMで肩につけてた装飾品も置いてましたよ。
なりきって写真を撮ればポスターみたいになりそうですね(笑)

ひらかたパークひらパー兄さんの肩に付けていたやつは置いていませんでしたが、その他グッズも売ってるので、ぜひお土産に買って帰ってみてはいかがでしょうか。
勇気はいりますが、ひらパー兄さんのパーカーとアイマスクを装着して撮影したら、一生の思い出に残るはず!
ぜひチャレンジしてみてください(笑)

5.ひらパーのお得情報や交通アクセス

魅力たっぷりなひらパーですが、できればお得に遊びたいですよね。
そこで、ひらパーのお得なチケット情報をご紹介します。
ひらパーまでのアクセスも紹介するのでチェックしてくださいね!

5-1.利用料金と営業時間

まずは、ひらパーの利用料金と営業時間を確認しましょう。

利用料金

<入園・フリーパス料金>

入園+フリーパス 入園 フリーパス(入園料が別途必要)
大人(中学生以上) 4,400円 1,400円 3,000円
小学生 3,800円 800円 3,000円
2歳~未就学児 2,600円 800円 1,800円

<イルミネーション営業日限定 ナイト料金(16:00以降販売)>

ナイト入園+フリーパス ナイト入園 ナイトフリーパス(入園料が別途必要)
大人(中学生以上) 2,900円 1,000円 1,900円
小学生 2,500円 600円 1,900円
2歳~未就学児 1,800円 600円 1,200円

アトラクションの料金は大体平均500円~600円くらいなので、1日で乗り物に8回以上乗る方はフリーパスがお得だと思います!

営業時間

取材時(11月)シーズンの開園時間は[平日]10:00~17:00[土日祝]10:00~20:00でした。
公式サイトにも記載されてるんですが、イベントや混雑状況などで営業時間が変わることがあるので必ず公式サイトで確認してからお出かけしてくださいね。

公式サイト注意事項より
・開園時間は、混雑状況により予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
・開園日・営業時間は天候などにより変更になる場合があります。ご来園前にカレンダー・トピックスにて営業日・時間をご確認ください。

▶︎公式サイトはこちら
http://www.hirakatapark.co.jp/timetables/

5-2.お得な割引情報!前売りチケットはある?

ひらかたパークでは、みなさんお待ちかねのひらパーのお得なチケット情報をご紹介します。

①コンビニチケット

フリーパス引換券付き入園チケットがお得!
【200円オフ】大人4,400円→4,200円
【100円オフ】小学生3,800円→3,700円

こちらはコンビニにある端末で申し込みして、チケットを事前購入するパターンです。
ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート・ミニストップで取り扱いしております。
コンビニによって端末が違い、操作方法が異なるので、下記サイトをこちらをご覧ください。
http://www.hirakatapark.co.jp/otoku_ticket/cv_ticket/

②WEBチケット

前売りチケット(入園+フリーパス引換券付き)がお得!
【200円オフ】大人4,400円→4,200円
【100円オフ】小学生3,800円→3,700円

こちらは専用サイトにて、クレジットカードで事前にオンライン購入できます。
スマートフォンの画面をスタッフに見せて入場です。
https://www.asoview.com/channel/tickets/MI9Zja17xi/

③年間パス

年間通して複数回来場する予定の方は年間パスがお得!

<入園+フリーパス>

大人(中学生以上) 17,000円
小学生 14,000円
2歳~未就学児 9,000円

<入園のみ>

大人(中学生以上) 5,000
子供(2歳~小学生) 3,000

どちらも4回目で通常の利用料金よりお得になりますので、4回以上来場する方はこちらをご利用ください。

【注意事項】
・ご来園当日の入園券・フリーパスとの差額料金のお支払いで、年間パスポートの購入が出来ます。
・年間パス購入当日にご使用の入場券の半券・フリーパスバンドをご持参ください。
・ひらパーGO!GO!チケット・コンビニチケット・生協などでのご購入のチケットとの差額では、年間パスポートを購入出来ません。

5-3.アクセス

最後にひらパーへのアクセス情報です。
事前に確認して当日はスムーズに移動できるようにしましょう!

電車

<京阪電車『枚方公園駅』から400m 徒歩5分>

大阪方面から電車で来る人は駅に付く前にひらパーが見えるのでテンション上がること間違いなし。
正面ゲートまで歩いてすぐです!

枚方公園駅からのアクセスはとても簡単ですが、心配な方はこちらの記事の「6-2.ひらかたパーク正面ゲートへのアクセス」に写真つきで解説していますので、参考にしてください。

バス

<京阪バス『枚方公園口』から650m 徒歩8分>

こちらはバスを降りるとすぐ観覧車が見えますので、観覧車目印に歩いてきてください。

<大阪方面から>
下記I.Cでで高速道路を下りて、1号線を京都方面に入る
・名神高速道路 摂津南I.C
・第二京阪道路 寝屋川南I.C

<高槻方面から>
名神高速・新名神高速 高槻I.Cで高速道路を下りて79号線→170号線→1号線を京都方面に入る

<京都方面から>
名神高速道路交野北I.Cで高速道路を下りて168号線を右折→1号線を左折

車で来る場合、1号線に向かって来てもらうとわかりやすいです。
その場合、東・南駐車場が近いので、ナビで来る人は下記のマップコードを参考にしてくださいね。

東・南駐車場:11 782 191

5-4.最寄りの駐車場

ひらぱーには直営駐車場が2か所あります。
料金も1日料金なので安心ですよ。

北駐車場

ひらかたパークこちらは入り口に一番近い北駐車場です。
観光バス・マイクロバス・バイクはこちらの駐車場のみになります。

【駐車料金】
※1日料金です

観光バス 3,000円
マイクロバス 2,000円
乗用車 1,500円

東・南駐車場

ひらかたパークこちらはパークの南東に位置する駐車場で、入り口は1ヶ所ですが入ってから東駐車場・南駐車場に分かれて駐車出来ます。
時期・時間によって園内への入場ゲートが閉まっている時もあるので、その際は正面ゲートまで歩いていく形になります。
正面ゲートまでは徒歩5分くらいでした。

【駐車料金】
※1日料金です

乗用車 1,500円

駐輪場

ひらかたパーク自転車で来られる場合は入り口を正面に見たら左手に駐輪スペースがありますので、こちらをご利用ください。

6.ひらパーや大阪主要都市に好アクセスのおすすめホテル紹介!

大阪旅行や大阪観光で来た方必見!
今回紹介したひらパーや大阪主要都市に好アクセスなホテルを紹介します!

6-1.ホテル・アゴーラ大阪守口

ひらかたパークこちらのホテルは京阪電車『守口市』駅の目の前にあるホテルです。
・ひらパー最寄駅 京阪電車『枚方公園』駅まで 約18分
・JR『大阪』駅まで 約20分
と大阪主要都市にも好アクセスなホテルです。

詳細・ご予約はこちらをご覧ください。

6-2.ホテル京阪 京橋 グランデ

ひらかたパーク京阪『京橋』駅直結で、JRや大阪メトロの『京橋』駅もすぐ近くの好立地のホテルです。
・ひらパー最寄駅 京阪電車『枚方公園』駅まで 約23分
・JR『大阪』駅まで 約7分
・JR『大阪城公園』駅まで 約2分
と大阪観光にはかなり好条件なホテルです。

詳細・ご予約はこちらをご覧ください。

6-3.ホテル京阪天満橋

ひらかたパーク京阪電車・大阪メトロ『天満橋』駅から徒歩1分
・ひらパー最寄駅 京阪電車『枚方公園』駅まで 約26分
・大阪メトロ『東梅田』駅まで 約5分
・大阪メトロ『天王寺』駅まで 約9分
こちらも大阪観光には好条件なホテルです。

詳細・ご予約はこちらをご覧ください。

7.まとめ

いかがだったでしょうか?
個人的にひらパーは小さい時に連れて行ってもらったイメージだったので、子供向けの遊園地なのかなと思ってなかなか行ってませんでした。でも今回久しぶりに行ってみて、意外と大人も楽しめるアトラクションやイベントがたくさんあって、春・夏・秋・冬それぞれのシーズンで違う園内の雰囲気を楽しめるのはいいなと思いました!
お子様連れの方はもちろん、友達同士でも行ってみるのもおすすめです!


※大阪で観光するなら

※大阪でデートするなら

関連記事

ライター紹介

kazunzun
kazunzun
兵庫生まれの大阪育ち。みんなが大阪を楽しんでもらえるような情報をお届けします。

Instagram
Instagram

#ういらぶ大阪
あなたのwe love 大阪を紹介してください。(大阪のグルメ、大阪のスポットなど限定)
読み込み中...
人気記事
ページトップへ