1. トップ
  2. お役立ち
  3. 【大阪スケートパーク】初心者にもおすすめスケボースポットを紹介!

【大阪スケートパーク】初心者にもおすすめスケボースポットを紹介!

スケートボード

皆さんはスケートボード(通称:スケボー)を体験した事はあるでしょうか?
という僕は全く経験したことがありません。(笑)
東京2020オリンピックで追加種目にもなり、注目度は上がってきていますし、
「今からスケボーは始められるのか?」
「どこで練習するの?」
と気になっている方も多いはず。
そこで今回は、スケボーが練習できるスポットを紹介していきます!

1.レッスンやスクールも受講できるスケートパーク

スケボーを始めたいけど、練習はどこでしたらいいか、誰に教えてもらったらいいかわかりませんよね…。
まずはレッスンやスクールが受けられるスケートパークを紹介していきます。

①Spotaka Skateboard Park (スポパー)

スケートボード(写真引用元:心斎橋BIGSTEP

心斎橋BIGSTEPの地下2階にあるこちらの施設は、日本で唯一の『全天候型都心型』のスケートパークです。
SPOTAKAがスポンサーをしているスケボー選手達のアイデアから生まれたこのパークは、最高の設備が整っています。

スケートボード(写真引用元:心斎橋BIGSTEP

併設されているスポーツボードショップは日本最大級の品揃え。
国内外問わず多数のブランドのスケートボード・シューズ・アクセサリー・アパレルなどを展開しているので、スケボー好きにはたまらない場所ですね。

スケートボード(写真引用元:心斎橋BIGSTEP

こちらの施設は、子供や大人の初心者向けのスクールも受講できます。
スクールは完全予約制で定員になり次第募集終了です。
日程により料金が変わりますので、詳しくは予約サイトをご覧ください。
スクール予約はこちら

【パーク利用料金】

ランチパック
(平日:12:00~15:00)
500円/3時間
1時間 500円
3時間 1,000円

 

【月パス】※指定時間の範囲で通い放題

ランチパス
(12:00~17:00)
3,300円
ナイトパス
(17:00~21:00 or 22:00)
4,400円
VIPパス
(営業時間内いつでもOK)
22,000円

※ボードなど各種レンタルあり

施設名:Spotaka Skateboard Park(スポパー)
住所:大阪市中央区西心斎橋1-6-14 心斎橋BIGSTEP地下2F
地図を見る
TEL:06‐6484‐7165
営業時間:12:00~21:00

 

②ムラサキパーク岸和田

スケートボード(写真引用元:公式サイト

ムラサキスポーツが運営するムラサキパーク2号店が、2018年3月に岸和田カンカンベイサイドモールにオープン!
東京オリンピックスケートボードの監督が設計を監修したこのパークは、初心者から上級者まで楽しめる屋外型のコンクリートパークです。
スクールも子供~大人まで、初心者~上級者まで4種類用意されています。
詳しくはこちらをご覧ください。
スクールの案内・予約はこちら

スケートボード(写真引用元:公式サイト

併設されているショップでは、スケートボード・アクセサリー・アパレルなどが幅広く展示されており、専門スタッフにアドバイスをもらい商品選びができます。
その中でもキッズ向けのボードが関西NO.1の品揃え!子ども用アイテムに迷ったらまずはここに行きましょう!

【パーク利用料金】

1日 平日:800円 休日:1,000円
1ヶ月 大人:8,000円
高校生以下:5,000円

 

施設名:ムラサキパーク岸和田
住所:岸和田市港緑町3-1 岸和田ベイサイドモールWEST1F
地図を見る
TEL:072-436-9481
営業時間:13:00~19:45

 

③EKL PARK 寝屋川店

スケートボード(写真引用元:SKEPA

こちらは寝屋川市にあるスケートショップ、有限会社エナレッジが運営する屋内型スケートパークです。
寝屋川エリアに待望の屋内型スケートパークということで、雨の日でも安心して楽しめます。

スケートボード(写真引用元:公式サイト

スクールは無料体験からプロに教わることができる内容まで5種類があります。
詳しくは公式サイトをご覧ください。
スクールの案内・予約はこちら

【パーク利用料金】

年会費 500円※会員制の為、入会必須
1日 1,000円
1ヶ月 5,000円

 

施設名:EKL PARK 寝屋川店
住所:寝屋川市池田中町2-21
地図を見る
TEL:080-3867-8885
営業時間:11:00~22:00

 

④SNOWLINE BOARD PARK

スケートボード(写真引用元:公式サイト

こちらのスケートパークはスノーボードショップ「SNOW LINE」が運営する全天候型屋内パークです。
セクション環境(滑るための坂や障害物)がかなり充実しており、初心者向きのゆるいミニランプ(セクションのひとつ)もあります。

スケートボード(写真引用元:SKEPA

「SNOW LINE」のレッスンではスケートパーク貸し切り!
少人数制の初心者向けレッスンが毎月行われています。
詳しくは公式サイトをご覧ください。
スクール案内・予約はこちら

【パーク利用料金】

1時間 500円
2時間 1,000円
3時間以上 1,500円
貸し切り1時間(12:30~14:00) 5,000円

 

施設名:SNOWLINE BOARD PARK
住所:豊中市穂積1-6-7
地図を見る
TEL:06-6335-4085
営業時間:
[SHOP]12:30~21:30
[PARK]13:00~20:50

 

⑤Minimini Skate Park

スケートボード(写真引用元:公式サイト

関空から10分の場所に位置するこちらの全天候型パークは、5つのゾーンに分かれています。
初心者でも気兼ねなく始められる、ミニミニサイズのセクションから大会仕様のセクションまで幅広く完備!
すべて木製なので、コンクリートよりも衝撃が少なく安心ですね。

スケートボード(写真引用元:公式Facebook

こちらのスクールでは、3つのクラス分けでレッスンできますが、個人の目標や目的に合わせて教えてくれます。
プライベートスクールでは、パークスタイル日本代表のプロ講師がマンツーマン指導をしてくれるのも魅力!
詳しくは公式サイトをご覧ください。
スクール案内・予約はこちら

【パーク利用料金】

1日 1,000円

 

施設名:Minimini Skate Park
住所:泉南市男里7-1308
地図を見る
TEL:090-3925-3987
営業時間:[月~金]16:00~22:30(16歳未満の方は21:00まで)
[土日祝]13:00~21:00
※スクール開催時は一部セクション規制あり

 

⑥NQS-iS OLLiES(エヌキューエス アイエス オーリーズ)

スケートボード(写真引用元:SKEPA

こちらのパークはスケボーやスノボー関連のアパレルショップ「is OLLiES」に隣接している、倉庫内にあるスケートパークです。
大きいセクションはありませんし、すべて木製のセクションなので、コンクリートよりも衝撃が少なく女性や子供でも安心して楽しめますね。
また、ショップで気軽に道具について相談できるのが魅力の1つです。

スケートボード(写真引用元:SKEPA

スクールは毎週定期的に行われており、こちらのスクールでは「個別ワンポイントレッスン方式」を採用しています。
各スクール生に合った最適な練習方法で教えてもらえます。
スクール案内・予約はこちら

【パーク利用料金】

2時間(14:00~20:00)
※土曜日のみ
1,000円
延長1時間毎 600円
1日券 (最大6時間) 2,500円

※一般開放は土曜日のみ

 

施設名:NQS-iS OLLiES(エヌキューエス アイエス オーリーズ)
住所:大阪市北区本庄西1-6-14
地図を見る
TEL:13:00~21:00
営業時間:13:00~21:00

 

⑦PSJスケートボードアカデミー

スケートボード(写真引用元:公式サイト

こちらのパークは日本スケートボード協会公認プロの、山崎勇亀さん監修によるカリキュラムで、初心者からエキスパートまでクラス別でレッスンを受けられる施設です。
室内外にパークがあり、なんと室外パークは一部無料で開放しているんです!
アカデミーの敷地内の為、安全に楽しむことが出来ますよ。

スケートボード(写真引用元:公式 Instagram

室内パークはスクール生専用ですがなんと冷暖房完備!
1年中快適にレッスンを受けられます。
スクール案内・予約はこちら

【パーク利用料金】

屋外パーク(一部のみ) 無料

 

施設名:PSJスケートボードアカデミー
住所:大阪狭山市東くみ木4-2108-1
地図を見る
TEL:072-367-8154
営業時間:12:00~20:00

 

⑧スポーツパークまつばら スケートパーク

スケートボード(写真引用元:SKEPA

こちらのスケートパークは指定管理者であるミズノグループが管理している「スポーツパークまつばら」内にあるスケートパークです。
セクションは8個ありますが、フラットスペースも多いので、初心者から楽しめます。
そしてさきほど紹介した「PSJスケートボードアカデミー」のレッスンをここでも受けることが出来ます。
こちらでは3クラスでのレッスンです。
スクール案内・予約はこちら

スケートボード(写真引用元:公式Instagram

パークには照明があるのでナイタースケーティングも可能です。
さらにパーク内には更衣室やシャワー室(有料)があるのも嬉しいポイントですね!

【パーク利用料金】

1日 550円

 

施設名:スポーツパークまつばら スケートパーク
住所:松原市三宅西7-1040-1
地図を見る
TEL:072-349-0501
営業時間:9:00~23:00

 

⑨堺市原池公園スケートボードパーク

スケートボード(写真引用元:SKEPA

こちらのパークは西日本最大級のコンクリートスケートボードパークです。
パーク内は5つのエリアに分かれており、初心者から上級者まで楽しめるセクションがかなり充実しています。
大会もしばしば行われているので、スケーターにはかなり有名スポットです。

スケートボード(写真引用元:TOKYO 2020 PRE-GAMES TRAINING CAMPS ONLINE GUIDE

こちらでも「PSJスケートボードアカデミー」のスクールを受けることができます。
セクションも豊富でこちらでは5つのクラス分けがあり、自分の実力に合わせてクラスを選ぶことができます。
スクール案内・予約はこちら

【パーク利用料金】

大人 510円
小人(中学生以下) 310円
保護者・同伴者 200円(滑走不可)
終日貸切 51,000円

 

施設名:堺市原池公園スケートボードパーク
住所:堺市中区八田寺町320-20
地図を見る
TEL:9:00~21:00(中学生以下は19:00まで)
営業時間:072-278-6868

 

2.気楽に楽しめる無料スケボースポット

滑れるようになれば、どんどん練習して上手くなりたいはず!
そんな方にぴったりな、友達同士や自分のペースで気軽に楽しめる、無料スケボースポットを紹介していきます!

⑩深北緑地公園 波の広場

スケートボード(写真引用元:SKEPA

こちらは大東市にある深北緑地公園内にあるスケートスポットです。
こちらのパークはスケボー専用では無いので、セクションの数は多くないですが、広々とした敷地で、自由に滑ることが出来ます。
週末には家族連れも多く、小さい子供のストライダーから大人のスケボーやローラースケートまで幅広く遊ばれています。

施設名:深北緑地公園 波の広場
住所:大東市深野北4-248
地図を見る
TEL:072-877-7471(深北緑地管理事務所)
使用時間:日中

 

⑪永楽ゆめの森公園 スケートボード広場

スケートボード(写真引用元:SKEPA

こちらは大阪南部の熊取町にある、永楽ゆめの森公園内のスケートスポットです。
永楽ゆめの森公園内は甲子園球場の約4倍の広さで、その中に出来た、こちらの広場はフラットスペースが広く、セクションも初心者から中級者向けなので、小さい子供でも安心のファミリー向けスケボー広場です。

施設名:永楽ゆめの森公園 スケートボード広場
住所:泉南郡熊取町大字野田65-10
地図を見る
TEL:072-452-7676(永楽ゆめの森公園管理事務所)
使用時間:9:00~17:00
※夏季(5~8月)9:00~18:00、
彼岸・盆(8/13~16)8:00~18:00

 

3.まとめ

大阪のスケートパークを紹介しましたがいかがでしたか?
コアなスポットもありましたが、これから始めてみようかなと思う方は、上級者が多い所には行きにくいと思うので、スクールや体験があるパークから始めるのがおすすめです。
ぜひ参考にしてみてください!

関連記事

ライター紹介

kazunzun
kazunzun
兵庫生まれの大阪育ち。みんなが大阪を楽しんでもらえるような情報をお届けします。

Instagram
Instagram

#ういらぶ大阪
あなたのwe love 大阪を紹介してください。(大阪のグルメ、大阪のスポットなど限定)
読み込み中...
人気記事
ページトップへ