1. TOP
  2. エリア別
  3. ベイエリア
  4. 【大阪観光スポット】大阪の水族館 海遊館まるわかりガイド7つのおすすめ

【大阪観光スポット】大阪の水族館 海遊館まるわかりガイド7つのおすすめ

海遊館

大阪の水族館といえば、海遊館ですよね。家族連れでもカップルでも楽しめる海遊館の魅力をご紹介。

海遊館の入館者数の約6割がリピーターという人気の水族館です。私も海遊館には5・6回程行った事がありますが、いつ行ってもやっぱり素敵だなぁと感じさせる水族館です。

大阪に旅行・観光に来られている方で雨が降ってどこに行こうかなと考えているかたにもおすすめ、海遊館は雨でも大丈夫です。すぐ隣にマーケットプレイスという複合施設もありますので、1日中楽しめます。安心してお越しください。暑い日も寒い日も海遊館で決まりですね。

優雅に泳ぐ生き物たちを見て癒されてください。
では、海遊館の7つのおすすめを紹介していきます!

 

「おすすめ①」大阪の水族館が世界最大級の水族館?

海遊館は、約620種、3万点の様々な海の生き物たちに出会えます。世界最大の魚種ジンベイザメやとっても可愛いカリフォルニアアシカ、人気のラッコやカマイルカなどに会えますよ。まず海遊館が大切にしていることを紹介。

“Ring of Fire, Ring of Life”
海遊館は「地球とそこに生きるすべての生き物は
互いに作用しあうひとつの生命体である」という
“ガイア仮設*”をテーマにしています。
太平洋を取り組む
「環太平洋火山帯(リング・オブ・ファイア)と、
たくさんの生き物が暮らす
「環太平洋生命帯(リング・オブ・ライフ)」
この2つのリングをコンセプトに、
できるだけ忠実に自然環境を再現しました。
みなさまに、生命のすばらしさや不思議さ、
そして自然環境の大切さを感じていただけますように。
*イギリスの科学者ジェームズ・ラブロックが提唱

 

この海遊館が大切にしているとおり、水族館の真ん中には巨大水槽「太平洋水槽」があり、これを中心に周辺の海の水槽が配置、忠実に自然環境を実現してあります。

巨大水槽はあらゆるところから見ることが出来、まずは海の上辺からだんだんと海底へ沈んでいくような感覚です。

「おすすめ②」いろいろな生き物たちに出会う旅にでかけよう

海遊館 館内

海遊館チケット

チケットも、色々な生き物の写真があって素敵ですね。

 

アクアゲート

アクアゲート

スタートは海中トンネルの「アクアゲート」トンネル型の水槽です。カラフルな魚たちやエイの仲間たちがお出迎えしてくれます。

アクアゲート下から

横から下からと魚達の姿が見え、こんなところに口があるんだ!目もこんなところに!と色々な発見があります。

 

日本の森

日本の森

こちらは、四季ごとに表情を変える「日本の森」。森林とその水辺で暮らす生き物たち、カワウソやオオサンショウウオ、サワガニなどが見られます。写真はカワウソの後ろ姿です・・・なかなかこちらを向いてくれませんでした。

 

アリューシャン列島

アリューシャン列島 ラッコ

みんなの人気者、かわいいラッコの水槽です。アラスカからカムチャッカ半島の冷たく厳しい環境で暮らすラッコ。かわいらしい表情や食べる姿、水中の泳ぐスピードには目がはなせません。

 

モンタレー湾

モンタレー湾 アザラシ

アメリカ西海岸の岩場には多くの海棲哺乳類動物が暮らしています。アシカやアザラシたちの泳ぐ姿、お食事の姿がとてもかわいらしいです。水槽のこんな近くでのんびりしているゴマフアザラシの表情も観察できます。こちらの水槽は陸地・水面から階を降りるごとに水中まで観察できます。

ここのアシカの中で唯一 芸のできるアシカ「ラピスちゃん」がいます。

 

見てください。スタッフの手の動きに合わせて、クルクルと周ります。まるで「遊んで!遊んで!」と催促しているみたいで、とっても可愛いでしょ!
運が良ければ、ラピスちゃんに出会えるかも!?

 

パナマ湾

パナマ湾 ハナグマ

木登りがうまく活発に動き回るアカハナグマやかわいらしいハリセンボンに出会えます。

 

エクアドル熱帯雨林

エクアドル熱帯雨林 カピバラ

世界一多種多様な生き物たちが暮らすといわれいる南米の熱帯雨林。小動物から巨大な淡水魚までくらしています。カピバラの、のんびりした表情やピラルクに出会えます。カピバラもとっても人気です。

 

南極大陸

南極大陸 ペンギン

氷の大陸と呼ばれる南極大陸。地球で一番寒い場所でもあります。ペンギンたちのよちよち歩く姿やお食事の姿が観察できます。

 

タスマン海

タスマン海 イルカ

オーストラリアとニュージーランドの間に広がる海。人なっつっこいカマイルカが目の前を泳いだり、ボールで遊んだり、こちらの水槽も階を下にいくにつれて、水中も観察でき、イルカのスピードたっぷりの泳ぎが観察できます。

ほんとに早くて写真になかなかおさめる事ができませんでした。ボール遊びも口の先にのりでも付いているのかと思わせるくらい上手に遊んでいました。

 

太平洋

ジンベイザメ

5大陸に囲まれた太平洋を最大長34m、深さ9m、水量5400tの世界最大級の水槽で「太平洋」を再現しています。一番人気のジンベイザメが悠々と泳いでいます。

ジンベイザメのお食事は迫力満点です。大きなエイや群れを作る魚たち、他にもたくさんの生き物たちを上からも下からも海の底までも楽しむ事ができます。

海遊館 お掃除

水の中をお掃除するスタッフの方も見る事ができますよ。

 

クック海峡

クック海峡

ニュージーランドの北島と南島の間にある海です。強風と冷たい海水という環境のもとでもたくさんの個性的な生き物たちが暮らしています。ウミガメの優雅な泳ぎに癒されますよ。

 

日本海溝

日本海溝

世界最大のカニ・タカアシガニなど、ユニークな姿の深海生物に出会えますよ。

次に海遊館新体感エリアをご紹介!新体感ってなんだろう?

 

 

「おすすめ③」“みる、きく、におう、さわる“ 新体感エリアを楽しもう

ふれあい体験

見るだけの水族館から、見て、聞いて、触って、におって、寒さも体感できる新体感のエリアです。

北極圏

 

北極圏

寒い北極圏に生息するワモンアザラシは、常に氷と共に暮らしています。ここでは、本物の氷と雪で北極圏の環境を再現しています。一部水槽が空いているところがあり、寒さを体感しながら、ニオイや鳴き声など間近で観察することができます。

 

フォークランド諸島

フォークランド諸島

イワトビペンギンのリアルな暮らしを再現したオープン型の水槽なので、にぎやかな鳴き声やニオイをすぐ目の前で見る事ができます。

 

モルディブ諸島

ふれあい体験 水槽

ここはふれあい体験の水槽で、目の前を泳ぐサメやエイたちを実際に触ることができて肌で感じることができます。ザラザラした感じや、ヌメヌメした感じ。どんな感触でしょう?そして魚たちの水をバシャバシャと泳ぐ姿も見て体感できます。

 

「おすすめ④」お食事タイム&スポットガイド

dsc_0556

生き物たちのお食事タイム。その様子にあわせて、見るだけでは分からない不思議な生態を水族館のスタッフが紹介するスポットガイドもあります。

食べる姿のかわいらしさ、普段とは違う生き物たちを見ることが出来ます。ジンベイザメのお食事は、エサと海水がどんどん口の中に入っていってすごく迫力があり、見どころです。

  • 日本の森
    カワウソ 11:30 / 13:30 / 16:00毎日
    水鳥 16:15平日
  • アリューシャン列島
    ラッコ 11:00毎日 / 13:45 / 15:45
  • モンターレ湾
    アシカ 10:00 / 13:15 / 15:15毎日
  • パナマ湾
    アカハナグマ 11:15平日 / 15:30平日
  • エクアドル熱帯雨林
    カピパラ 13:30平日 / 15:45平日
  • 南極大陸
    ペンギン10:30毎日 / 14:45毎日
  • タスマル海
    カマイルカ  11:30毎日 / 14:00毎日 / 16:00
  • 太平洋
    太平洋の魚 10:30 / 15:00
  • グレート・バリア・リーフ
    サンゴ礁の魚 15:45毎日
  • 新体感エリア
    ワモンアザラシ 10:45 / 16:40
    イワトビペンギン 11:30 / 16:00

スポットガイドは毎日実施、平日のみ実施

※お食事タイム、スポットガイドは、生き物などの都合により時間を
変更または中止する場合がありますよ。ご注意くださいね。

 

「おすすめ⑤」17時からは夜の海遊館

夕方5時からの海遊館は「夜の海」。昼間とはまた違った幻想的な海になります。

ラッコやペンギンたちのかわいい寝顔や魚はどうやって眠るんだろう?と昼の海遊館ではみられない夜の生き物たちにも注目です。その他、ロマンティックな演出がいっぱい。夜の海遊館もおすすめです。

海遊館 夜

海遊館の外観もライトアップしてキラキラしていてきれいですよ。

 

「おすすめ⑥」海遊館ガイドツアー(マリンメイトがご案内する)

通常ではわからない海遊館のうら・おもてを、4つの案内ツアーでマリンメイトが案内してくれます。生き物の不思議やエピソード、さらにバックヤードだけのツアーなんかもありますよ。

対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
定員:20名
料金:500~1,000円(ツアー内容により異なります)

※事前予約優先
当日のお申込みは直接サービスカウンターに行ってくださいね。

 

「おすすめ⑦」お子様と一緒に行かれる方は必見!

「海遊館ニンテンドーDSガイド」で楽しもう
映像と音声による生き物の解説や水槽の中をじっくり観察して生き物を探すゲームやクイズなどが楽しめます。

ニンテンドーDS持参してコンテンツを無料ダウンロードしていただきます。
ニンテンドーDSのレンタル(500円)もありますよ。

解説を明瞭に聞くためにイヤホンの使用をおすすめします。

※ニンテンドーDSは任天堂の登録商標です。

お土産 オフィシャルショップ

海遊館 ショップ

海遊館の可愛い生き物たちのぬいぐるみやお土産もたくさんあります。海遊館の思い出にいかがですか?

 

海遊館 詳細とアクセス

〒552-0022
大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
TEL 06-6576-5501
http://www.kaiyukan.com/

開館時間:AM 10:00~PM8:00(最終入館PM7:00)
利用料金:
大人 2,300円
こども(小・中学生)1,200円
幼児(4歳以上)600円

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

海遊館

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

mikan

mikan

大阪に住んで20年程です。大阪ならではの面白くて、楽しい、役に立つ情報をお届けしたいと思います。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大阪万博記念公園の「太陽の塔」って中に入れるの?太陽の塔内部再生事業が開始しています。2018年再び中に入れるんです!

  • 【大阪日帰り旅行】大阪から行くおすすめの日帰り旅行プラン・淡路島うずしおクルーズに乗って迫力満点のうず潮を見に行こう!

  • 戎橋筋商店街体験博「自分で包んだ551蓬莱が「あるとき!」」に潜入してきました。

  • 戎橋筋商店街体験博「ミナミ通が教える名店めぐり&ランチ」に潜入してきました。

この記事を読んだ人はこちらもおすすめです

  • 【大阪日帰り旅行】大阪から行くおすすめの日帰り旅行プラン・淡路島うずしおクルーズに乗って迫力満点のうず潮を見に行こう!

  • 【2017年版】関西の花火大会・大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山のおすすめ花火大会

  • 【2018年版】家族でカップルで友達で!大阪で楽しめるおすすめプール特集

  • 【期間限定】大阪中之島イルミネーション2017大阪・光の饗宴が開催!

  • 【2018年最新】住吉大社の夏祭りとアクセス情報(図解入り)

  • 磐船神社の岩窟めぐりは修験者気分を味わえる【大阪の秘境パワースポット】