1. TOP
  2. 人気 スポット
  3. 【大阪初の世界遺産?】今ならまだ穴場!百舌鳥・古市古墳群(もずふるいちこふんぐん)を見に行こう!

【大阪初の世界遺産?】今ならまだ穴場!百舌鳥・古市古墳群(もずふるいちこふんぐん)を見に行こう!

 2017/12/04 人気 スポット 学ぶ 癒し 観光スポット
この記事は約 17 分で読めます。
仁徳天皇陵古墳の拝所
Pocket

意外なことかもしれませんが、実は、大阪には世界遺産が1つもありません。
それが10年ほど前から、堺市、羽曳野市、藤井寺市が中心となって「百舌鳥・古市古墳群(もず・ふるいちこふんぐん)」の世界遺産登録を目指すことになりました。そして、2017年7月31日。これまでの熱い想いと努力が実り、2019年の世界文化遺産登録を目指す日本の候補として推薦されることが決まったんです。
実際に世界遺産登録されるまでには、まだまだ道のりはあります。しかし、2014年に世界遺産に登録された富岡製糸場(とみおかせいしじょう)のように、決定後は大混雑するでしょうね。しかも、2019年というと、ラグビーワールドカップが日本で開催されるので、多くの外国人観光客も見に行くことが予想されます。
ですから、未来の世界遺産を見に行くなら今のうちのほうがいい! ということで、なぜこの地域に古墳が集まっているのか?「最低限ここはおさえておくべき!」というオススメスポットなどを地元民の視点から紹介します。

百舌鳥・古市古墳群(もず・ふるいちこふんぐん)に大きな古墳が多い理由

2019年の世界文化遺産登録を目指す日本の候補に決まった「百舌鳥・古市古墳群」。大阪府堺市の「百舌鳥(もず)古墳群」と、羽曳野市、藤井寺市にある「古市(ふるいち)古墳群」の2つの古墳群が合わさって登録の候補地となりました。

これらの古墳群は今から1600年ほど前、4世紀後半から6世紀頃までに造られたことが分かっています。
この時代、大阪から奈良にかけての地域に大きな政治体制がありました。のちに天皇となる大王(おおきみ)を中心に、各地のリーダーが集まってできた「ヤマト政権」と呼ばれるものです。そして、天皇や身分の高い人が亡くなれば、土を高く盛り上げた「墳丘(ふんきゅう)」を持つお墓が造られました。これが「古墳」です。
形は様々で、ドーム型の円墳(えんふん)、四角形の方墳(ほうふん)、上から見ると鍵穴のような形をした前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)、名前の通り帆立貝の形をした帆立貝式古墳(ほたてかいしきこふん)など様々な形があります。大きさも10mほどのものから、長さ400mを超える巨大なものまで。
特に百舌鳥、古市に巨大な古墳が多いのは、立地の特徴があります。天皇のお墓を造るにあたり、大阪湾をのぞむ百舌鳥エリアの台地や、丘陵や台地のある古市エリアは、当時の地形から見て古墳の巨大さを引き立たせられたからと考えられています。この頃にはすでに、中国大陸や朝鮮半島との交流が盛んになっており、大阪湾にたどり着いた彼らの視界には巨大な古墳が入ってきたことでしょう。それらを民に造らせた天皇の統治力、クニとしての威厳を示したかったのかもしれませんね。

百舌鳥古市古墳群百舌鳥古墳群復元鳥瞰図(堺市博物館)

この古墳群の中でも有名なのは、世界最大級の墳墓(ふんぼ)・仁徳(にんとく)天皇陵古墳。歴史の教科書にも載っているので、1度は耳にしたことがあるかと思います。お濠(ほり)に囲まれ、まるで水に浮かんでいるかのように作られた墳丘(ふんきゅう)…
ただ大きいだけでなく、当時の人々の情景演出も見て楽しめる、この仁徳(にんとく)天皇陵古墳を中心に、「百舌鳥三稜(もずさんりょう)」と呼ばれ親しまれている履中(りちゅう)天皇陵古墳、反正(はんぜい)天皇陵古墳や周辺スポットなどを紹介していきます。

 

ピラミッドと並ぶ世界最大のお墓 仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)古墳

エジプトにあるクフ王のピラミッド、中国の秦始皇帝陵(しんのしこうていりょう)と並び、世界三大陵墓(りょうぼ)と呼ばれている仁徳天皇陵古墳。
新大阪駅から約60分、JR阪和線 百舌鳥駅から徒歩7、8分で仁徳天皇陵古墳の拝所があります。

仁徳天皇陵古墳の拝所天皇陵にある鳥居は白丸太鳥居(神明系)

仁徳天皇稜古墳ってどんなの?

百舌鳥・古市古墳群(もず・ふるいちこふんぐん)だけでなく、日本で1番大きい古墳が仁徳天皇陵古墳(にんとくてんのうりょうこふん)(別名:大仙(だいせん)古墳)です。その大きさは甲子園球場12個分。
前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)という、鍵穴のような形をしています。この古墳を造るのには、現在の道具や技術を使っても、1日60人、2年半かけて働く計算になります。当時で考えると、1日最大2,000人働いても15年8ヶ月かかるほど大きなプロジェクトでした。
現在は宮内庁(くないちょう)が管理しているため、中へ入ることはできませんが、周囲に全周2.8kmの周遊路があります。遊歩道や桜並木もあり、お濠(ほり)の外からその大きさを体感できます。
ちなみに、クフ王のピラミッドは、メンフィスとその墓地遺跡の1つとして1979年に、秦始皇帝陵(しんのしこうていりょう)は兵馬俑坑(へいばようこう)とともに1987年に、それぞれ世界遺産に登録されています。

仁徳天皇ってどんな人?

仁徳天皇は5世紀前半に即位(そくい)した第16代目の天皇です。今の大阪市に都を作り、国として初めての大規模事業となる、淀川の河川工事を行いました。現在の寝屋川市に「茨田堤(まんだのつつみ)」と記念碑が建てられています。
即位当時、夕飯の準備をする時間になっても、どの民家からもかまどの煙が上がっていないのを見て、税の徴収(ちょうしゅう)と労役(ろうえき)を3年間取りやめた話は有名です。その間、自身も質素な生活を過ごし、民からは「聖帝(ひじりのみかど)」と呼ばれるようになりました。そのこともあってか、仁徳天皇陵は、天皇が御在世(ございせ)中から建設が開始されたと言われています。
かたやプライベートでは、大の女性好きだったことをうかがわせる話もたくさんあります。当時は一夫多妻制だったので、「浮気や不倫は悪!」のようなことは言われませんでしたが、皇后の嫉妬に手を焼いたといった話もありますので、興味があれば古事記を読んでみるのも面白いかと思います。

 

壮大な景色が観られる 履中天皇陵(りちゅうてんのうりょう)古墳

仁徳天皇の第一皇子として生まれた第17代の天皇である履中天皇のお墓です。JR阪和線 百舌鳥駅から和歌山方面に1駅の上野芝(うえのしば)駅から5分ほど歩くと履中天皇陵古墳があります。仁徳天皇陵古墳からみると、隣りにある大仙公園(だいせんこうえん)の向こう側に位置しています。

履中天皇陵古墳仁徳天皇陵とは違ってお濠は一重

履中天皇陵ってどんなの?

日本で3番目に大きい前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)です。墳丘の長さは365m。(2番目は古市(ふるいち)古墳群にある応神(おうじん)天皇陵古墳)。ミサンザイ古墳、石津ヶ丘古墳とも呼ばれ、西側に見事な桜並木があることで有名です。2017年には、北側の大仙公園に新しくビュースポットが作られ、古墳の丸い形をした方を眺めることができます。
5世紀前半に造られたと考えられていますが、そうすると5世紀半ばにできた仁徳天皇陵より早くできたことになり、天皇の即位順から考えると謎が多い古墳でもあります。

履中天皇ってどんな人?

古事記や日本書紀には、仁徳天皇が亡くなった翌年、まだ次の天皇として即位していない頃、仁徳天皇の第二皇子(履中天皇の弟)である墨江中王(すみのえのなかつみこ)(日本書紀では住吉仲皇子と書く)に命を狙われるという事件があったと記されています。天皇即位後は、様々な家来を指揮し政治を運営したことで、徐々に中央へ権力が集中し始めました。

 

身長3mのイケメン? 反正天皇陵(はんぜいてんのうりょう)古墳

南海高野線 難波駅からだと電車で約13分の堺東駅から徒歩10分、JR阪和線 堺市駅からだと徒歩15分ほどで拝所に着きます。隣には、家の新築や引越し、旅行などの方角にまつわる厄除けで有名な方違神社(ほうちがいじんじゃ)があります。

反正天皇陵3つの古墳の中では1番近寄れます

反正天皇陵ってどんなの?

長さ148mの前方後円墳で、日本では7番目の大きさの古墳です。百舌鳥三稜の北端に位置しており、考古学的には「田出井山(たでいやま)古墳」と呼ばれています。仁徳天皇陵古墳の大きさの1/3ほどしかなく、天皇のお墓としては小さいほうなのですが、その理由はよく分かっていません。一説では、本当は同じく百舌鳥古墳群の1つ・ニサンザイ古墳が反正天皇のお墓ではないかともいわれています。

反正天皇ってどんな人?

反正天皇は、仁徳天皇の第三皇子で第18代の天皇です。履中天皇、墨江中王(住吉仲皇子)、反正天皇、允恭(いんぎょう)天皇(第19代)の4人兄弟の三男ということになります。
墨江中王(住吉仲皇子)に命を狙われ履中天皇は一時身を隠すのですが、反正天皇はその際、履中天皇を訪れ協力することになります。墨江中王(住吉仲皇子)の側近に話を持ちかけ、墨江中王(住吉仲皇子)を殺害させました。そして、履中天皇が亡くなった後、天皇に即位。特に争いごともなく平安の治世を送ったと言われています。
国生みの神話で知られる淡路島で生まれた反正天皇は、容姿端麗のイケメンで歯並びがとても美しかったと言われています。そこから別名を瑞歯別天皇(みづはわけのすめらみこと)と言います。古事記には、身長が3m以上あったと記されていますが、それぐらい背が高かったということなのでしょう。

 

百舌鳥古墳群を一望できる場所 堺市役所展望ロビー

「鍵穴の形をした前方後円墳を見てみたい」という方は少ないかと思いますが、残念ながら、近くに全景を見られる施設はありません。拝所からでは、こんもりとした小山にしか見えませんし。予算に余裕があれば、飛行機を使って上から鍵穴の形を見ることはできますが …。
ただ、どのくらい大きいのかを確認してみたい方は、堺市役所の21階にある展望ロビーに行ってみてください。
東側に反正天皇陵古墳が見え、南側に仁徳天皇陵をはじめとする百舌鳥古墳群を一望することができます。こちらは無料で入られるので、気軽に見に行くことができますし、天気が良いと六甲山やあべのハルカスも見えます。

堺市役所21階展望ロビー
所在地:堺市堺区南瓦町3−1
アクセス:南海高野線 堺東駅 下車 徒歩5分
料金:無料
営業時間:9:00〜21:00 年中無休
駐車場:地下駐車場(本館 地下2階:45台、高層館 地下1階:22台)あり。開場時間は8:30~21:00。(土曜、日曜、祝休日、年末年始は休み)。料金体系:30分ごとに200円。※休日は、開場時間内、最大料金500円。

 

近くから仁徳天皇陵を展望できる「みくにん広場」

仁徳天皇陵から1km離れている堺市役所からよりも、もっと近くから見てみたいという方は「みくにん広場」もオススメです。
2014年、仁徳天皇陵の最寄駅・三国ヶ丘駅の屋上に作られた広場で、ここからだと上からとはいきませんが、仁徳天皇陵の側面を近くから見ることができます。さえぎる建物もありませんし、ゆったりとくつろぎながら見ることができます。
また、三国ヶ丘駅はJR線と南海高野線とあり、両方の電車の行き交いを上から眺めることができるので、お子さんを連れて散歩がてら楽しむこともできます。

みくにん広場
所在地:堺市堺区向陵中町2丁7−1
アクセス:南海高野線 三国ヶ丘駅
料金:無料
開放時間:9:00〜18:00 年末年始は休み

 

古墳や歴史を学ぶなら 堺市博物館

仁徳天皇陵古墳と履中天皇陵古墳の間に「大仙(だいせん)公園」という、堺市民にとっての憩いの場ともなっている大きな公園があります。この公園の中にある「堺市博物館」では、古墳に関する資料や、当時の資料等を見ることができます。
仁徳天皇陵ができた時代というのは、鉄や馬などが大陸から運ばれた、古代の文明開化の時。模型や副葬品などを中心に、いろんな視点から古墳を学ぶことができます。約200インチの大型スクリーンでVR作品が見られる映像シアターもあって、迫力ある映像が楽しめます。

堺市博物館
所在地:堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内
アクセス:JR阪和線 百舌鳥駅 下車
料金:一般200円、高校・大学生100円、小・中学生50円
営業時間:9:30~17:15(入場は16:30まで)
休館日:月曜日(祝休日の場合は開館)、祝休日の翌日(翌日が土・日曜日の場合は開館)、年末年始
駐車場:大仙公園駐車場/2時間まで200円、以降1時間毎に100円追加、5時間以上600円)

 

百舌鳥三稜を回るおすすめコース

古墳好きの人であれば

仁徳天皇陵、履中天皇陵、反正天皇陵の3つをめぐるコースはオススメです。大きさや濠(ほり)の違いなどを楽しめます。
たとえば、JR阪和線 百舌鳥駅 をスタートし、目の前の御陵通という通りをまっすぐに歩けば、左手に仁徳天皇陵、右手に大仙公園が現れます。仁徳天皇陵の拝所に向かう途中に観光案内所があるので、そちらでウォーキングマップがもらえます。

埴輪観光案内所の近くには小学生が作った可愛い埴輪たちが

仁徳天皇陵の拝所に寄ったあと、大仙公園を抜けて履中天皇陵へ。大仙公園内にも小さな古墳が点在しており、いろいろな種類の木々や草花が植えられているので、ぶらぶら散歩するのも気持ちが良いです。履中天皇陵のビュースポットからぐるっと古墳沿いに歩くと、民家に挟まれた拝所があります。

履中天皇陵 拝所大きな道路沿いに拝所への入り口があります

拝所から300mほどのところにある、JR阪和線 上野芝駅(うえのしばえき) から天王寺方面の各駅停車の電車に乗って 堺市駅 へ。西へ15分ほど歩くと、方違神社(ほうちがいじんじゃ)や反正天皇陵が見えてきます。反正天皇陵の拝所も住宅街の中にありますが、3つの古墳の中では1番古墳を近くに見られるのではないでしょうか。

古墳にはそんなに興味はないけど、世界遺産になるぐらいだからちょっと見に行こうかなぁという方は

仁徳天皇陵を見に行くだけでもいいかと思います。やはり、世界最大級というぐらいですから、その大きさはぜひ体感してみてください。大きすぎて、ただの森にしか見えないかもしれませんが、今のような機械がない時代にたくさんの人の手で造られたんだと思うと、ちょっとした興奮を感じられるかもしれませんね。
JR阪和線 百舌鳥駅 から行って拝所だけ見るのもいいですし、1周 2,850mの散策路を歩いてみてもいいでしょう。JR阪和線もしくは南海高野線 三国ヶ丘駅 から歩くと半周程度見られるので、1周は疲れるけど横からもちょっと見てみたいという方にはオススメです。ところどころ住宅街のようになっていたりしますが、道案内の看板があるので迷うこともありません。

道案内の看板こんな案内がところどころに現れます

途中でお茶したり、のんびり観光しながら古墳も見てみようという方にとっては、これぐらいのコースが疲れ切ることなく楽しめるのではないかと思います。余裕があれば、大仙公園の中にある堺市博物館に寄ってみたり、堺市役所をスタートにして逆に回ってみたりするなど、状況や目的によってアレンジしてみてください。

公式サイトには、百舌鳥古墳群、古市古墳群それぞれに3つのコースが紹介されていますので、そちらも参考にしてください。

地図

仁徳天皇 百舌鳥耳原中陵

 

周辺のグルメスポット

古墳を見ながらウォーキングや散歩を楽しんで帰るのもいいですが、せっかくなら休憩がてら美味しいもの、おもしろいお料理も楽しんでみませんか?
古墳のまわりにあるカフェや喫茶店、御食事処には、古墳にちなんだメニューがあり、そのいくつかを紹介しておきます。純粋にお料理を楽しむのもよし。「#古墳女子」とつけてインスタにアップするのもよし。ちょっとした話のネタになることは間違いないでしょう。

Cafe IROHA(カフェ イロハ)

Cafe IROHA
JR阪和線 百舌鳥駅 から徒歩5分。大仙公園の入り口付近にあるカフェ。こちらでは、パンに前方後円墳のマークが焼き付けられている「ごりょうサンドセット」を楽しむことができます。地元の人たちが仁徳天皇陵のことを親しみを込めて「御陵(ごりょう)さん」と呼ぶことから付けられた名前のハンバーガーは2種類のどちらかを選べ、サラダ、ヨーグルト、フルーツ、ドリンクがついています(1,000円:税抜)。
他にも、和食中心に季節ごとのおかずを楽しめる「IROHAかご弁当」(1,500円:税抜)やエッグベネティクト(850円:税抜)が人気。
店内には、古墳ピアスや古墳クッション、はにわの置物など、面白くて可愛い古墳グッズも販売しているので、古墳巡りにはぴったりのお店です。
ただし、平日でもランチは予約でいっぱいのことが多いです。百舌鳥駅に戻らないかぎり、仁徳天皇陵の周辺にはこのお店以外に食事できるところがありません。もし行かれる際には、人数に関係なく、事前に電話で予約されておくことをオススメします。

Cafe IROHA(カフェ イロハ)
所在地:堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁160
営業時間:8:00~18:00
予約電話番号:072-245-0168
定休日:月曜日
駐車場:あり
食べログサイト:Cafe IROHA(カフェ イロハ)

 

堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁160

 

堺市茶室「伸庵(しんあん)」

大仙公園の中にある堺市博物館の横に、「伸庵」という国の登録有形文化財である堺市の茶室があります。この茶室は、昭和4年、東京の芝公園に建てられたものを、昭和55年、福助株式会社から寄贈され移築したものです。

堺市茶室 伸庵
ここでは、お抹茶が一服300円(税込)でいただくことができます。粋な造りだけれど開放感のある、近代らしい空間でお抹茶をいただける茶室は、古墳めぐりの小休憩にちょうど良い場所となっています。

堺市茶室「伸庵」
所在地:堺区百舌鳥夕雲町2丁(大仙公園内)
営業時間:9:30~16:30(ただし立礼席/椅子席のご利用は10:00~16:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は開館)、年末・年始、堺市博物館の休館日
駐車場:大仙公園駐車場/乗用車108台(2時間まで200円、以降1時間毎に100円追加、5時間以上600円)、バス18台(1台1回1,000円)
堺市観光サイト:堺市茶室「伸庵」

 

大仙公園

 

喫茶「ミエール」

Goryoカレー

堺市役所21階展望ロビーにある喫茶店。景色がよくミエール、古墳もよくミエール … ということで、古墳にちなんだランチメニューが「Goryoカレー」(630円:税込)。前方後円墳の形をしたライスが真ん中にあるカレーライス。そんなに辛くないので誰でも食べられます。
食後には、ココアパウダーで古墳の形を描いた「GORYOラテ」(440円:税込)でラテアートを楽しみながら、外に見える反正天皇陵古墳をご覧くださいませ。

喫茶「ミエール」
所在地:堺市堺区南瓦町3-1 堺市役所21階ロビー内
営業時間:9:00~18:00
定休日:年末年始
堺市観光サイト:喫茶「ミエール」

 

堺市堺区南瓦町3-1

 

お茶処 利休

南海高野線 堺東駅 から徒歩6分。方違神社の隣にある和菓子屋さん「江久庵(こうきゅうあん)」。
豊臣秀吉の黄金の茶室を思い出すような、高級感あふれる店内を進むと、吹き抜けのあるティーサロン「お茶処 利休」があります。こちらでは、江久庵で販売しているカステラやぜんざいのほか、釜飯やにゅうめんなどのお食事もできます。
中でも有名なのが、江久庵の名物「黄金の哲学」と名前のついたカステラのできたてが食べられる「枡入りカステラ」(850円:税込 ドリンクセット1,250円:税込)。千利休が茶菓子として出した幻のカステラを再現したものです。無添加無着色、卵だけで焼きだした綺麗な黄金色のカステラを、天然塩・バター・ホイップクリームの3種類で食べ比べできます。ふんわり、モチモチしたカステラには金箔(きんぱく)が散りばめられていて、贅沢(ぜいたく)なくつろぎタイムを満喫できるでしょう。
がっつり食べたい!という方には、釜飯がオススメです。ベーシックな五目釜飯(1,300円)、豪華な海鮮釜飯(1,500円)、季節限定の釜飯と3種類の釜飯が用意されています。お茶碗に軽くよそって3杯程度のボリューム。最後の1杯はお出汁をかけてお茶漬け風にいただけます。

鮭といくらの釜飯こちらは鮭といくらの釜飯

中庭の立派な日本庭園の中には、茶室があるのも見どころです。この茶室は、千利休がもっとも愛したと言われる大坂屋敷の茶室を4世紀ぶりに復元したもので、予約をすれば見学もできます。「おもてなし」の真髄(しんずい)が表現されている侘(わ)びの空間。貴重な体験とともに、おもてなしとはどういうことを指すのか、ぜひ知っていただければと思います。

利休奥の森のように見えるのは反正天皇陵古墳

屋上のテラスに行くと、目の前に反正天皇陵古墳が見られます。おそらく、この場所が古墳を1番近くで見られるのでは … という、本当は誰にも教えたくないオススメスポットがこの江久庵です。

お茶処 利休
所在地:堺市堺区北三国ヶ丘町1丁2番36号
営業時間:9:00~18:30 (ラストオーダー18:00・軽食17:30)
予約電話番号:072-222-2411
定休日:木曜日(祝日を除く)
駐車場:あり
江久庵公式サイト:お茶処 利休

 

堺市堺区北三国ヶ丘町1丁2番36号

 

まとめ

仁徳天皇陵をはじめとする古墳は、あまりにも大きく、その全貌を地上から見ることはできません。しかし、拝所(はいしょ)の前に一度立てば、はるか昔、終わりがいつ来るのか分からないような国を挙げてのビッグプロジェクトにたずさわった大勢の人々の誇りや、1600年も前からずっとそこにある古代ロマンを感じられるのではないかと思います。

ぜひ一度、世界遺産に登録される前に見に行かれてはいかがでしょう。スケールの大きさを体感しつつ、清らかな気分になるのを感じながら、日本という国ができた歴史のはじまりを知っていただければと思います。

 

大阪の歴史ならこちらもご覧ください
【大阪城観光】大阪人が誇りに思っている城 太閤秀吉の大阪城へ行こう!

 

\ SNSでシェアしよう! /

we love 大阪の注目記事を受け取ろう

仁徳天皇陵古墳の拝所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

we love 大阪の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

おつるこ

おつるこ

大阪生まれ堺育ち。大阪、堺の歴史にゆかりのある場所や穴場の観光スポットを中心にお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【大阪初の世界遺産?】今ならまだ穴場!百舌鳥・古市古墳群(もずふるいちこふんぐん)を見に行こう!

関連記事

  • 大阪に移住して驚いた20のこと

  • 【期間限定】大阪中之島イルミネーション2016大阪・光の饗宴が開催!

  • 【便利】天王寺周辺で勉強したい人にオススメのカフェ・HOOP・あべのand・MIO

  • 【大阪パワースポット】「すみよっさん」で親しまれる大阪の住吉大社、五大力とおもかる石で開運祈願

  • 【大阪の水族館】海遊館まるわかりガイド7つのおすすめ

  • 【梅田周辺】大阪府イルミネーション特集2016