1. トップ
  2. グルメ
  3. 【新世界グルメ】ランキング前にまずはここ!大阪串かつの王道&絶品「串かつだるま」

【新世界グルメ】ランキング前にまずはここ!大阪串かつの王道&絶品「串かつだるま」

串かつだるま

どうも!ライターのNoaです。
大阪と言えば串かつ!串かつと言えばビール!!
ということで、今回は大阪に数ある串かつ屋の中でも、老舗の超有名店をご紹介!
「大阪でなにか美味しいものを食べたいなー」という方必見の、本気でおすすめNo.1のお店です!
特に初めて串かつを食べる方は、他のどの串かつ屋さんよりも、ここの串かつを最初に食べて欲しいと思うくらい、インパクト大なんです。
というのも、このお店が私の串かつへのイメージを180度変えたからです。笑

1.昭和4年創業の元祖串かつ「串かつだるま」とは

串かつだるま大阪は新世界にて、昭和4年に創業の老舗中の老舗。
新世界で有名な串かつというと、「串かつだるま」は絶対に名前が上がります。
他にも、てんぐ、いっとく、やっこ、横綱などなど、新世界には有名な串かつ屋さんがたくさんあるのです。
そんな中でも老舗かつインパクト大なおじさん人形が目印の串かつだるまについて、
熱く語っていきたいと思います!

2.ソースの取り扱いにご注意を!二度漬け禁止

串かつだるま※写真をクリックすると拡大します。

ソースは大阪の命!と言わんばかりに有名な、みなさんご存知の「ソースの二度漬け禁止」。
実は二度漬け以外にも禁止されている行為があるんです!
それは、お箸を使ってソースを漬ける行為。
え?!なんで?と思うかもしれませんが、大阪の串かつ屋さんでは、ソースはお客さんの共有物として、テーブルにどーんと置かれています。
なので、他の人の唾液が混ざってしまう可能性を排除するためにも、これは絶対NGなんです。
その証拠に、串かつだけを頼んだ場合、お箸は基本的にもらえません。
(お箸をもらう方法は後ほど。)
用意されるのは、キャベツと取皿とお手拭きだけ。
このあたりの徹底ぶりは、これまでの歴史を感じます。

注意事項は以上。それではいってみましょう!!

3.いよいよ本場の味を堪能!

串かつだるまの、前に列に並ばないといけませんね。
通天閣から歩いて5分くらいのところにある、ジャンジャン店に来ました!
正直言うと、通天閣の真ん前にある通天閣店に行こうとしたのですが、ものすごく並んでいたので観光しながらここまで歩くことに…(汗)

ちなみに新世界エリアには4店舗あって、ここはちょっと奥まった場所にあるので、他の店舗よりも比較的空いていてオススメです。
お店についたのが平日20時くらいでしたが、ジャンジャン店は2組のお客さんが待たれていました。10組はザラなのでラッキー!
僕らの後に、5分もしないうちに2~3組増えたので、通常は5組くらい待っているのかもしれないですね。
並ぶのが嫌だなーという方必見!
実は、こちらのジャンジャン店のみ4~26名であれば席予約ができるのです!
なので予約して並ばずに行きたいという方にもジャンジャン店はおすすめです!
※GW、お盆、年末年始などの連休、繁忙期は予約できないのでご注意ください。

串かつだるま並び始めてから15分程で、奥にある4名席に案内されました。
店内は油ギトギト、というのは一切感じることなく、空調のホコリもなくとてもきれいだったので、女性でも安心して来ることができますね!
お客さんはサラリーマンから女性2人組、あと小学生ぐらいのお子さんを連れたご家族など、幅広い年齢層の方々で賑わっていました。

串かつだるまそしてこれがあの有名なソースとキャベツです!
正直お腹が空いていたので、このぐらいのキャベツの量はすぐになくなってしまいました。

串かつだるま※写真をクリックすると拡大します。

串かつだるま※写真をクリックすると拡大します。

串かつメニューはかなり豊富です。
また、もし食べられないものがあっても、1本ずつ頼むことができるので、それぞれ食べたいものを注文しちゃいましょう!
個人的なおすすめは「じゃがいも」と「なすび」です。
あと、一品物の名物どて焼きが絶品なので、どて焼きが好きな方や初めての方はマストで頼んだ方がいいです!

ちなみに、串かつだけだとお箸をもらえないと書きましたが、店員さんにお願いすれば持ってきてくれます。
ただちょっと声が掛けづらいなーという方は、この一品物を頼むとお箸がもらえるというのは覚えておくと吉です!

串かつだるまはいきました!名物どて焼き!
シンプルですねー。
でもねこれ、ほんっとに美味しいんです。
なんていうか、とろっとろで甘くて全部飲み干せるんじゃないかってくらいに、旨味がぎゅーーーーって染み込んでるんです。
どて焼きは、お店によっては辛いところもあるんですが、串かつだるまは甘めなので、一味や七味をかけて食べるのもおすすめ。はっきり言って、倍旨いです。これほんとです。

串かつだるまじゃーん!
撮れ高抜群の箸上げシーンの撮影です。
みなさんご自由にお撮りください。笑

串かつだるまちなみに調味料は、左から七味、一味、塩、こしょう、の4つがテーブルに置いてあります。一番右は爪楊枝です。

そして、いよいよ。
いよいよお待ちかねの串かつ様のご入場です!

串かつだるまきれー!
まずは定番のジャガイモ、なすび、レンコンに始まり、新定番のチーズ。
そしてこれは大阪にしかないのかな?紅しょうが。
食べたことない人は一度は食べてみてください!ほんとに美味しいですから。

ちなみに、なぜ串かつだるまを最初のお店としてオススメするかと言いますと、
みなさんが想像している串かつって、衣がしっかりしていて、パン粉の形が残っているものではないですか?
実は串かつだるまでは、衣のきめがとても細かく、食べた瞬間にサクっとなって、あとは素材のふわふわ感やしゃきしゃき感をダイレクトに味わうことができるんです。

なので、まずはこのお店を基準にしていただいて、他のいろんなお店を体験いただけると、串かつの魅力がよりわかると思います!

と、説明はほどほどにして、それでは行ってみましょう!
串かつ恒例の儀式、ソースの着水です!

串かつだるま迷わず一気にざぶーんと串かつにダイブさせます!

串かつだるまここでご注意!
ソースの二度漬けは禁止!
ではなく、ソースにつけるときは素手で!
でもなく、ソースにつける時間です!

ソースにつけたあと、余分なソースが垂れるのをまって、素早く自分の取皿に移します。
ソースに潜らせてから取皿までの時間は約3秒。
そうなんです、時間の勝負なんです。
これ、美味しくいただくための最大のコツです。
これができると店員さんに、コイツできるな、と思われます。笑

冗談はさておき、あまり長く付けすぎないように、全体をソースにくぐらせるイメージで時間をかけないようにしてください!
長い時間つけてしまうと、せっかくの衣のサクサク感がなくなってしまいます。
逆にソースの味が濃いんじゃないか、と心配されている方もいると思いますが、そこは大丈夫!
是非怖がらずにどっぷりつけちゃってください!
食べてもらえるとわかるんですが、全然しつこくないんです!

それでは失礼して、私も一口・・・・・

サクっ。じゅわ。

うまーーーーー!!!
思わず声が出てしまいました。お隣の席の方うるさくしてしまってごめんなさい。
でも、これは我慢できません。
歯切れのいい食感としつこすぎないソース。
野菜の甘みと旨味。
これほんとみんなに食べてほしい・・・。

あっという間に注文したものを食べちゃいました。
そして気がつけば追加注文。

串かつだるま次は、もち、オクラ、アスパラ、キス、味付け竹の子をチョイス。
意外かもしれませんが、もちは鉄板で美味しいんです。笑

で、今回初めて挑戦したのが味付け竹の子。
これ、ちょっとほんとにやばいです。
基本的に、素材そのままを楽しむのが串かつと思っていたのですが、味付けがしてあることによって、なんじゃこりゃー!というくらい旨味が口いっぱいに広がっていくので、これだけでどんぶりご飯いけんじゃね?!って感じです!

言わずもがな食感系として、オクラ、アスパラも鉄板ですねー。
なんでこんなにもシンプルで美味しんだろう。
不思議の激ウマです。

ということで、他にもまだまだ魅力的なメニューがあるので、これは近いうちにもう一回来るしかないな・・・。
と後ろ髪を引かれつつ、お店を後にしました。

いかがでしたでしょうか?
串かつ好きの方には、当たり前やろーって部分もあったかと思いますが、これから初めて大阪を訪れる方や、大阪には行ったことあるけど美味しい串かつ屋さんにあたってない方、これから挑戦しようと考えている方などなど、どなたにもオススメできるお店の紹介でした!

大阪に住んでいても、なかなか新世界まで足を伸ばさないって方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、是非一度定番の串かつデビューを串かつだるまさんでいかがですか?

4.基本情報

店名:串かつだるま ジャンジャン店
住所:大阪市浪速区恵美須東3-4-4
TEL:06-6636-7729
営業時間:
11:00~22:30 (ラストオーダー30分前)
12月31日は20:00に閉店
定休日:なし
予約:可能(4~26名)
席数:
47席(カウンター13席 テーブル34席)
平均予算:1500円~2500円
※一人5本以下もしくは800円(税抜)以下の飲食の場合、キャベツ代として一人様300円(税抜)がかかります。(子供を除く)

 

※他にもたくさん!新世界のグルメ情報

※新世界の観光情報はこちら

関連記事

ライター紹介

Noa
Noa
デザインとかWEBとかしながらTシャツ売ったり、八尾市を盛り上げたり。経営したりイベントしたり事務局したり、あとたまに釣りしながら猫の親をやってます。

Instagram
Instagram

#ういらぶ大阪
あなたのwe love 大阪を紹介してください。(大阪のグルメ、大阪のスポットなど限定)
読み込み中...
ページトップへ