1. トップ
  2. お役立ち
  3. 【大阪おでかけ】大人気!年中入れる鶴見緑地プールの混雑状況と施設情報

【大阪おでかけ】大人気!年中入れる鶴見緑地プールの混雑状況と施設情報

鶴見緑地プール

花博記念公園鶴見緑地には、バーベキュー場やキャンプ場はもちろん、フットサル場やテニスコートなどのスポーツ施設があるのはご存知でしたか?
今回は屋内温水プールとして一年中遊べる『鶴見緑地プール』にやってきました!
こちらのプールはジャングルをイメージしているようで、ジャングル内にウォータースライダーや、流れるプール、造波プールがあり、子供から大人まで楽しめるプールとして大人気です。
天気に左右されることなく過ごせるのも嬉しいポイントですし、もちろん夏場は屋外プールも登場するので、さらに楽しく泳げること間違いありません!

今回は施設内情報をはじめ、アクセス情報、駐車場、混雑状況などを紹介していきます!

1.鶴見緑地プールってどこにあるの?

鶴見緑地プール花博公園鶴見緑地で遊んだことがある方は「公園内にプールあったけ?」と思うかもしれませんが、実は大阪メトロ鶴見緑地線『鶴見緑地』駅の目の前にあるんです!バーベキュー場や、咲くやこの花館がある方ではなく、花博通りを挟んで南に位置するスーパー銭湯【鶴見緑地湯元 水春】の隣の方ですね。

駅からの距離でいうと100m、徒歩1分くらいなのでかなり利便性がいいのではないでしょうか!
自転車でお越しの方は、鶴見緑地プール専用駐輪場もありますのでそちらにとめてくださいね。

2.車で鶴見緑地プールにお出かけ!近くの駐車場情報

鶴見緑地プール花博公園鶴見緑地公園には、下記6か所のおすすめ駐車場があります。

・中央第一駐車場(普通車899台)
・中央第二駐車場(普通車200台)
・南第一駐車場(普通車529台)
・南第二駐車場(普通車136台)
・北西駐車場(普通車300台)
・西駐車場(普通車69台)

一番近くて収容台数も多く、特におすすめなのが中央第一駐車場です。
徒歩1~2分くらいで鶴見緑地プールにつきますので、子供連れでも安心ですよ。

【中央第一駐車場(普通車)駐車料金】

通常料金
(7:00~19:00)
20分/100円
通常料金
(19:00~7:00)
120分/100円
最大料金 駐車後24時間1000円

 

3.鶴見緑地プールの混雑状況は?

今回訪問したのは夏休み真っただ中の8月中旬です。
昼ごはんも食べてそろそろ行こうか、ということで15時頃に到着しました。

鶴見緑地プールあれ?こんな暑い中で2時間半待ち?とちょっと引いてしまいましたが、近くの警備員さんに聞くと『さっき結構出てきてたんでそんなにかからないと思いますよ!』とのこと。
列に並ぼうとしたら警備員さんが塩飴や塩分タブレットを何個かくれました!
塩飴は暑さで溶けてましたけど…(笑)
並ぶ列にはテントやすだれで熱中症対策もバッチリ整っています。安心して並ぶことができました。
暑いからプールに行くのに、プールに入るまでに暑さで倒れては元も子もないですもんね。

鶴見緑地プールテントの下にはミストが出てくる扇風機が何台かおかれており、暑さ対策はしてくれています。
これはありがたい!
なので車で来られる方は、あらかじめ水着着用で濡れてもいい服を羽織って並ぶと、思う存分ミストを浴びることができます。
僕は普段着だったのでミストではなく、汗でびしょびしょになりましたが…(笑)
ちなみに先程の警備員さんの言った通り、2時間半はかからず、むしろ並び始めてから30分程で入場できました。
さっきほんまにめっちゃ出てきたんやろな…
今回はタイミングがよかったのかもしれませんが、それでも30分は並んでますので「並ぶのは…」という方は、朝早くか夕方以降の時間帯を狙うのがいいかもしれません。

4.鶴見緑地プール入場に関する3つの注意点

鶴見緑地プール【注意点①】
小学校4年生以下の子供は、必ず16歳以上の保護者がいないと入水できません!
そして保護者1人につき子供3人までとなっていますので、小さいお子様と一緒に行く方は注意してください。

鶴見緑地プール【注意点②】
浮き輪や浮き具の大きさにも注意!
101cm以上の浮き具は使用できませんのでご注意ください。

【注意点③】
水着以外での入場はできません。

以上3つの注意点を確認してから、鶴見緑地プールにいってくださいね。

5.鶴見緑地プールの料金と施設内紹介!

エントランス&券売機

鶴見緑地プールまず建物に入るとエントランスがあります。
プールの入り口はすぐそこなんですが、まずは入場券ですね!左手にある券売機で購入します。
料金はこちら!

【利用料金】
大人(高校生以上)1,200円
小人(小・中学生)600円
高齢者(65歳以上)600円
幼児 無料
※高齢者の方は証明するものが必要です。
※小学校4年生以下の方は、保護者と一緒に入場する必要があります。(子供3人に対して大人1人)
※お得な回数券や定期券、団体様や障害者の方などの割引料金もありますので、詳しくはスタッフにお聞きください。

入場券を買って券売機の右手にある入り口で渡すと、一人ずつロッカーのカギ兼精算用リストバンドが渡され入場できます。

売店

鶴見緑地プール入り口の真正面にある売店ではビーチサンダル、ゴーグル、タオル、そして子供が好きそうなキャラクターもののビーチボールや浮き輪まで売っています。
もはや手ぶらで来ても大丈夫そうですね(笑)
プール内には売ってませんので持ってきていない方はここで買ってください。

鶴見緑地プール向かい側にもスポーツメーカー『ミズノ』のマークがついた売店が!
こちらには水着やラップタオル、プールバッグ、そしてリュックやシューズが並んでいます。
ん…?プールに関係ないものも…ここはただのミズノショップ…?笑
と思いきや、横の壁を見てみるとなんと…!

鶴見緑地プールミズノグループが指定管理者の指定を受けて運営しているみたいです!もちろん、緑地公園プールは大阪市の施設ですけどね。
ミズノの売店があるのも納得です。

更衣室&ロッカー

鶴見緑地プール入場順に鍵を渡されるので、一緒に入場した人とは近くで着替える事が出来ます。
そんなロッカーに注意書きが!
リストバンドや傘立てキーを紛失したら「費用請求しますよー」とのこと!
リストバンドに関しては、万が一落として不正利用されたらその利用代金も請求みたいです…
子供に持たせるのはなかなか怖いですね…
子供のカギは保護者が管理するか、保護者のロッカーに入れて施錠しておくことをおすすめします!

さて、着替えも終わったしそろそろプールに向かおうとすると壁に張り紙が…

鶴見緑地プールむむっ!
ここからは撮影が禁止なのかぁ…
まぁプールで撮影となるといろいろと問題がありますし…しょうがないですね。

ではお待ちかね!プール内に行ってみましょう!

6.プール内施設紹介

鶴見緑地プール※写真をクリックすると拡大します。

ここからは写真撮影禁止ですので、写真無しでプール内の施設を紹介していきます!
行ってからのお楽しみということで…(笑)

更衣室から階段で1Fに上がると、いきなりジャングルのような空間が広がります!
南国風な木々や岩から流れる滝、吊り橋もあったり…これは非日常的空間ですね。
そんな中、このフロアには様々なプールがあります。

まずは1Fフロア

造波プール
常に波があるわけではなく、波が無い時は小さいお子様向けのプールです。
プールの底も水深によって色分けされていますし、浅いところは小さい子供が滑りにくいようにデコボコした地面になっています。小さいお子様にも安心して遊んでいただけますね。
ただ波がある時は結構強い波が来るので、気を付けてください。

流水プール(屋内&屋外)
文字通り流れるプールです。
夏限定で屋外エリアも拡大されます。屋内外に滝があり、浮き輪で流されてる方が多かったです。
このプールは造波プールの最大水深と同じくらい深いので、小さいお子様がいる方は目を離さないでください。

子どもプール
水深はすごく浅くなっており安心設計です。
シャワーゾーンや水てっぽう、すべり台のような子ども用スライダーもあります。

洞窟ジャグジー
こちらは流水プールの中心にある岩場の中に、隠れスポットとしてあります。
プールで冷え切った体を温めなおすことができますよ。

カフェテリアコーナー(1F&2F)
こちらでは軽食や飲み物を購入できます。
リストバンドで購入なので手ぶらで大丈夫です。

【夏季限定】屋外の施設

じゃぶじゃぶ池
こちらはプールというより、子供がバシャバシャと遊ぶスポットです。
飛び石などもあり、川で遊んでいる感覚に近いかもしれません。

サンテラス
デッキチェアなども置いてあり、休憩スポットです。
広いスペースでは、ビニールシートを置いて場所取りしている方も結構いました。
屋根があるスペースもありましたし、いい場所を取る場合は朝早くから行ったほうがいいかもしれません。

2Fフロア紹介

ウォータースライダー(2F~1F着水)
全長77.18mとそこまで大きくはないですが、常に列がありました。
120cm以上の身長制限がありますので、小さいお子様は乗れません。

ジャグジー&スリーピングプール
2Fにもジャグジーがあります。
スリーピングプールもジャグジー同様、お風呂みたいになっています。
洞窟ジャグジーよりは若干広いです。

うたせ湯
滝かなと思いましたが、実はうたせ湯でした。
5か所設置されています。

採暖室
こちらはサウナです。
プールに入りっぱなしだと体が冷えますし、大人はここで温め直すのもいいですね。

個人的なイメージですが、2Fはスーパー銭湯のようなリラックス施設が多いイメージでした。
ちょっとした休憩に使ってみてください。

7.家族連れならオススメ!年中遊べる『鶴見緑地プール』に行こう!

鶴見緑地プール公共施設では珍しく、ウォータースライダーや流れるプールがあったりと、子供から大人まで幅広く楽しんでいただけると思います。
1時間に1回プールに入れない休憩時間があり、子供の体の状態を1時間ごとに確認できるので、親御さんが安心して子供を遊ばせてあげられる点もいいですよね。
屋外が解放される夏季営業の時期はかなり混雑が予想されますが、屋内だけでも十分に楽しめます。まだ行ったことのない方は、夏季営業が終わり混雑状況が落ち着いてからでも楽しんでいただけると思いますので、ぜひ行ってみてください。

8.施設詳細

施設名:鶴見緑地プール
住所:大阪市鶴見区緑地公園1-37
TEL:06-6915-4721
営業時間:
【4月~9月】
9:00~21:00(最終入場20:00まで)
【10月~3月】
9:00~19:00(入館は18:30まで)
屋外プール利用期間:令和元年9月23日(月)まで
定休日:月曜日(7/11~8/31までは無休)、12/28~1/4

 

※大阪観光するなら

※大阪でデートするなら

関連記事

ライター紹介

kazunzun
kazunzun
兵庫生まれの大阪育ち。みんなが大阪を楽しんでもらえるような情報をお届けします。

Instagram
Instagram

#ういらぶ大阪
あなたのwe love 大阪を紹介してください。(大阪のグルメ、大阪のスポットなど限定)
読み込み中...
人気記事
ページトップへ