1. TOP
  2. グルメ
  3. 【麺香房三く】大阪ラーメン激選区福島で人気!行列ができる魚介系

【麺香房三く】大阪ラーメン激選区福島で人気!行列ができる魚介系

 2018/11/08 グルメ
 
麺香房三く 

大阪福島周辺のエリアはラーメン激戦区としても有名。

そんな福島エリアで1番美味しいラーメン店はどこなのか…ということで、今回は年間100杯以上ラーメンを食べるラーメン女子の私が実際に食べ歩き調査してみました。

そうそう…ラーメンのことを語るのであれば、1店舗で1記事は必要だ!!という私のわがままを聞いていただき、こちらのラーメン記事はシリーズ化することになりました!(パチパチ)

正直一番嬉しいのは他でもないこの私。なにせ大好きなラーメンを食べ歩けるのですから……

そんな記念すべき第1回目は「烈志笑魚油 麺香房 三く」。
一体どんなラーメンをいただけるのでしょうか。早速食レポしていきたいと思います!

1.至高の一杯が舌と心を蕩かす「烈志笑魚油 麺香房 三く」

なんて読むのでしょう…’’れっしっしょう…?’’
わからない…わからないですが、魚と油を使った笑っちゃうほど美味しいラーメンということは間違いないはず!(後ほど調べたら、レッシショウユ メンコウボウ サンクと読むそうです)

東京を20:00に出発し、大阪に着いたのは夜の22:00。新幹線でのお弁当の誘惑にも耐え、ラーメンのためだけにお腹を空かせてきました。
迷う余地はありません!早速行ってみましょう。

麺香房三く 外観JR大阪環状線福島駅・JR東西線新福島駅から徒歩5分の場所に佇む赤のれん。
昼夜問わず学生で賑わうこの街には、なぜか深夜まで営業しているラーメン屋がほとんどないのです。
そんな中、なにわ筋の角を曲がったあたりから、魚介系ラーメンのいい匂いが漂ってくるんですよ〜

きっと私のように匂いに誘われてたどり着いた方も多いはず!!麺香房三く のれんいいですね〜このなんともいえないレトロな店構え。
東京でいうと、下町にある親しみやすいラーメン屋といったところでしょうか。

では、早速店内に入ってみましょう!麺香房三く 店内この写真だとわかりづらいですが、こんな時間なのに15席ほどあるカウンターは全て満席。さらに5人ほど順番待ちをしている人も……
これだけの人気店となると、ラーメン通の私は1番人気のメニューを食べなければ気が済みません。
早速グルメサイトで人気のラーメンを調べてみると、1日10食限定麺「落し壺ラーメン」との文字が!!

…とはいえ、こんな深夜に人気店の限定ラーメンを食べられるはずもなく、今回は店員おすすめ「黒壺ラーメン」と「かけラーメン」をいただくことにしました。

え?2食ぐらいぺろっとですよ。
ラーメンは別腹ですから!!

麺香房三く お通しちなみにこちらがお通し!
いや〜絶対わかってますよね、私の好み。
ラーメンの前にサラダラーメン(ラーメンかパスタなのかは定かではありませんが…)
空きっ腹の私にはこのお通しがたまらない……

そして、お通しを食べたら一気に食欲が…

2.旨味の全てを詰め込んだやみつき「黒壺ラーメン」

麺香房三く 黒壺ラーメン10分も待たずにきました!
こちらが「麺香房 三く」おすすめの「黒壺ラーメン」。

確かに黒い!ちなみに余談ですが、「白壺ラーメン」というメニューを隣の人が食べていたのですが、そちらは白というより透明感が強いスープでした。

早速スープからいただきます!麺香房三く 黒壺ラーメン スープこのスープと油との絶妙なバランス!美味しくないわけがないでしょう〜。
漂ってくる醤油の香ばしい煽りだけでも、ご飯1杯いけそうです。

麺香房三く 黒壺ラーメン スープ②では、早速ひと口…

うん〜わっ…なにこれ。ただの醤油ラーメンじゃない…。

独特の旨味とコクが舌に残って、次の一口を急かすのです!
口に入れた瞬間はコッテリしているのに、全然しつこくない。そんな今まで経験したことのない感覚が冷めぬうちに、香りと旨味が後から押し寄せてくるのです…
ため息が出るほど美味しいとはこのことでしょうか……

思わず店員さんに聞いてしまいました。
「この醤油ってただの醤油ですか?」

いや〜我ながらこの期に及んでこの質問はないでしょう。
ラーメンの要とも言える秘伝のスープに隠された謎について、ズカズカと土足で踏み入れる…しかも、こんな人気店がただの醤油なんか使っているわけないのに。

そんな非常識な質問を聞いてしまうのも、私のいけないところ。さすがにこの質問には答えてはくれないだろう…むしろ怒られるんじゃ?……

「あ、濃口醤油とたまり醤油で豆を一緒に漬け込んでいるんですよ!」
……え。普通に教えてくれた!なにこれ…優しすぎる…

この口の中に残る独特な旨味はそこからきているのですね!
ご丁寧にありがとうございました。

とはいえ、いくらスープが美味しくても麺との相性が悪ければ私のラーメンランキングでは圏外。
特に私は麺には目がないので、ここからはさらに厳しくチェックしていきたいと思います。

麺香房三く 黒壺ラーメン 麺ちょっとみてください。この中太ちぢれ麺!
もう待てません!早速いただきます。

……なんというコシの強さ!!

表面はつるっとしていて、スルスルとすすれるのに噛むとなんともいえない噛み応え。
スープがしっかりちぢれ麺に絡んでいてクセになる味です。
私も食レポを忘れ、無我夢中で食べてしまいました。

途中まで食べた時、店内の張り紙が目にとまりました。
「三くのくすりは七味です。〜お気軽に薬ひとつとお声がけください。」

…なんだこれ?
少し周りの目が気になりましたが、きっとみんな言っているから大丈夫…と自分に言い聞かせ、とりあえず声をかけてみることにしました。

「すみませ〜ん。薬ひとつ」麺香房三く 黒壺ラーメン 薬きました!これが「三く」の薬。
どうやら「やまつ辻田」というお店が、7種の原料を絶妙に調合し仕上げた七味だそう。
早速スープにイン!

…おお!風味が変わった。
ラーメン終盤にこの薬を使うことにより、最後まで飽きさせない。なんとも計算された1品…

1杯のラーメンにここまでこだわっているお店は、なかなかないのではないでしょうか。

これは次のラーメンも期待できますね!

「すみませ〜ん。かけラーメンください」

3.素材の良さを極限まで追求したまさに匠の技「かけラーメン」

麺香房三く かけラーメンそりゃ驚きますよね!深夜22:00に女子がひとりでラーメン2杯。
周りの学生も物珍しそうな顔でこちらをみてくるんですよね〜

あの〜気分的には笑ってくれた方が楽なのですが……まあ、気にせず食べましょう。

こちらが「かけラーメン」
煮干しがまるごと一匹乗っかっているところが斬新ですね!

麺香房三く かけラーメン スープ先ほどの「黒壺ラーメン」よりも見た目はあっさりとした様子。
どことなくスープの表面がギラギラしているのは旨味油なのでしょうか。
ギラギラしたスープの表面をかき分けた下に、魚粉を確認。
さらに魚粉をかき分けると…きれいに澄んだ醤油スープの登場です!

麺香房三く かけラーメン スープ②気になる味はというと…

口に入れた瞬間、煮干しや鰹ダシの旨味がしっかりと広がり、ありきたりな煮干し系の店とは違う食材の黄金バランス。

これぞ行列のできる人気店だからこそ味わえる一品です!

麺香房三く かけラーメン 麺そしてなんといってもこちらの麺には驚きました!
先ほどは平たい中太ちぢれ麺でしたが、こんどは少し細めのちぢれ麺。

(麺がスープに負けてしまわないように、2種類の麺を使い分けているそうです。)

それでは麺を食べてみたいと思います。

…うわ〜こちらもなんともいえないコシの強さ。そして、先ほどの麺に劣らない弾力性!噛めば噛むほど味が出て、幸せホルモンを満たしていきます。

みなさん気になっていると思いますが、後ろに映る煮干し。これ、一体どんな味なのでしょう…

早速いただいてみると……本当にすみません。煮干しは煮干しでした。
そうですよね。煮干し以外のなにものでもない……

しかし、驚いたのはこの後!

煮干しを箸で砕いてスープにとかすと…風味が変わるのです。魚介感が強まり一段とあっさりしたスープに…
体験した人にしかわからない煮干しの香りと味が広がり、麺と絡んで食欲をかきたててくれます。

ちなみにスープがあっさりしていたので、最後の一滴まで飲み干してしまいました。

まさかの、一軒目にして大阪ラーメン優勝候補です。
大阪のラーメン屋が全部こんなに美味しいお店ばかりだったらどうしよう…
なんとも贅沢な悩み…

美味しいラーメンを食べひと息ついて店内を見渡すと、’’感謝’’と書かれたハッピを発見。
いやいや…こちらの方が、感謝…と心で唱えつつ店を出ると、
店員さんが店の外まで丁寧にお見送りをしてくれました。
(なるほど〜感謝…伝わりました)

今回は私の想像をはるかに上回る、まさに’’極上の一杯’’をいただくことができました。
願わくば限定ラーメンも食べてみたかったですが、次回に大阪へ来たときの楽しみにしておきます!
「烈志笑魚油 麺香房 三く」さん、ごちそうさまでした!

さて、次回はしっかりラーメン情報をリサーチしてから食レポを…と思いつつ、ふらふら歩いていると……早速気になるラーメン店を発見!

「豚頭・魚介のWスープつけ麺みさわ」

ん〜どうしても、どうしても行ってみたい!
でも今日はさすがにお腹いっぱいなので、明日、新幹線の時間ギリギリのオープンAM11:00を狙い食べに行きたいと思います。

それではみなさん、また次回の記事でお会いしましょう!

店名:烈志笑魚油麺香房 三く(れっしょうしょうゆ めんこうぼう さんく)
住所:大阪市福島区福島2丁目6-5 AKビル1F
TEL:06-6451-4115
営業時間:昼 11:39〜14:39
夜 18:39〜23:39
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス:JR東西線新福島駅(2番出口)より徒歩3分,JR大阪環状線福島駅より徒歩5分

 

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

麺香房三く 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

NATSU

NATSU

47都道府県のラーメンを年間100杯以上食べ歩くラーメン女子。
美味しいラーメンの為ならば、日本全国どこへでも足を運びます。
最近は、ラーメン店の期間限定ラーメンの制作に携わるなど、ラーメンに関する幅広い知識を生かした活動も行なっています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【麺香房三く】大阪ラーメン激選区福島で人気!行列ができる魚介系

この記事を読んだ人はこちらもおすすめです

  • 【梅田ランチ】グランフロント大阪でランチ 南館7階 世界編

  • 【便利】天王寺周辺で勉強したい人にオススメのカフェ・HOOP・あべのand・MIO

  • 【おすすめ】大阪ビアガーデン特集2017・梅田・なんば・中之島・堀江エリア

  • 【伊丹空港レストラン】大阪の名店・人気店が出店!空港で楽しむ大阪グルメ

  • 【大阪たこ焼き】大阪駅・梅田周辺で絶対行きたいおすすめのたこ焼き屋さんを紹介

  • 【道頓堀グルメ】絶対食べたいおすすめのランチを紹介します。