1. トップ
  2. グルメ
  3. 【五感で堪能】「麦と麺助 新梅田中津店」でこだわり素材の絶品ラーメン!

【五感で堪能】「麦と麺助 新梅田中津店」でこだわり素材の絶品ラーメン!

麦と麺助味玉イリコそば

こんにちは。
ラーメン大好きライターのNatsuです。
今回は大阪市北区にある「麦と麺助 新梅田中津店」にやってきました!
大阪メトロ御堂筋線中津駅から徒歩3分と駅チカながら、外観からはラーメン屋さんと全くわからない店だけに、まだ知らない方もいるのではないでしょうか?

麦と麺助こちらのお店はすべての食材にこだわり抜いた中華そばを提供されています。
オープン当初から人気爆発で、今もオープン時間から大行列できるそうです!

1.麦と麺助 新梅田中津店はどんなお店?

麦と麺助こちらのお店はなんと、大阪市福島区にある「燃えよ麺助」の2号店として2018年5月にオープンしたラーメン店です。

本店「燃えよ麺助」は鴨そばと貝そばがメインメニューで某口コミサイトの中で百名店WEST2018にも選ばれるほど驚異的な人気店となっています。
そんな人気店が満を持して出店した「麦と麺助 新梅田中津店」はイリコそばとこだわり鶏スープの中華そばがメインメニューとして提供されています。

2.行列必須⁉な人気店のメニューをチェック!

行列ができる人気店といわれるだけあって、早めに行こうと開店時間の50分前に店前に着いたのですが……もうすでに列ができてるじゃないですか!

9番目に並んだ私の後にもその後ぞくぞくと列が出来ていき、開店時間には20人以上の列ができてました。
店舗の壁沿いに並んでいくのですが、屋根がないので日差しが強い日は日傘を持っていくことをおすすめします。
紫外線はお肌の天敵ですからね(笑)

開店間近になると従業員がメニュー表を渡してくれるので、順番に回して見ていきます。
そのメニュー表がこちら!

麦と麺屋※写真をクリックすると拡大します。

なんだか逆光ですみません(笑)

こちらのメニューには、おすすめマークもついているので、初心者でも悩まず選びやすいです!
土曜の夜限定のメニューも用意されているのですが、今回訪問したのが平日の昼ということで限定メニューは次回までおあずけです…泣
公式情報によると限定メニューがある夜の部は整理券の配布があるらしく、時間は17時頃目安で配られるみたいです。

3.ラーメン屋という概念で捉えるものではない空間

開店時間になると数人ずつ入店指示が出るのですが、なかなか進まない……と思ったらなんと店に入ってすぐの所に食券機がありました。

食券機前が混まないように丁寧にエスコートしてくれます。
エスコートされた食券機はこちら!

麦と麺助半分だけ隠されている限定メニューにどうしても目がいってしまいますが…
我慢我慢(笑)

メニューには、味玉中華そば、特製中華そばなど美味しそうなラーメンがたくさんあって悩んでしまいます!

今回は数量限定のおすすめメニュー「最高級銀付き息吹いりこ使用味玉イリコそば」と「炙りチャーシュー丼」を頼むことにしました!

麦と麺助清潔感あるおしゃれな店内で、各席にはトレーが用意されてあり、その上に箸・れんげ・おしぼり・タンブラーがセットされています。
カウンターの上もスッキリしており、あれ?割烹?日本料理店?と勘違いするような店舗空間でラーメン専門店の概念を覆されそうです!

さらに空調もしっかりきいてますので暑い夏でも快適!
熱々のラーメンを汗をかきながらすすって食べる…なんて心配は全くいりませんので、デートでも安心して来ることができます!

4.こだわり抜いた食材をチェック!

麦と麺屋※写真をクリックすると拡大します。

オーダーが出てくるまでにカウンターにある小物をチェックしていきます!
まずは、2つ並べてある卓上パネルを手に取ると…
各メニューに使っているタレやスープ、素材の説明文が書かれていました。

私が頼んだイリコそばのいりこは香川県の伊吹島の「伊吹いりこ」の中でも年間漁獲量が全体の1%以下の希少な最上級イリコ「銀付いりこ」のみを使用しているようです。
一気に期待高まりますよね。

さらに裏を見てみると…

麦と麺屋※写真をクリックすると拡大します。

食材へのこだわりが書かれていました!
チャーシューには種類があり、モモ焼豚とレアチャーシューは国産豚、チャーシュー増しと特製に入ってる煮豚はイベリコ豚なのだそう。
仕上げ方も書くなんて…ここまでちゃんと説明されていると、安心感が増しますよね。

やはりこのお店のこだわりは凄いです!食べる前からラーメンへの情熱が伝わってきます。

麦と麺助そしてこのスタンドの横には…ちょこんとアヒルの爪楊枝入れが。
なぜこのおしゃれな空間に癒し系のアヒル⁉と思いますが、これがまたクセになる可愛さですよね。
そんな可愛いアヒルを横目にオープンキッチンで作業されているスタッフの調理姿を見ながらラーメンを待ちます。

5.【こだわりを感じる一品】数量限定!味玉イリコそば

麦と麺助調理スタッフの手慣れた連携プレーに見とれていると、あっという間にイリコそばが到着しました!
具材は味玉・レアチャーシュー・炙り鴨つくね・穂先メンマ・白ネギ・三つ葉ですが、なんと言ってもこの透き通ったスープにレアチャーシューが映えること映えること。
このコントラストがまた絶妙です!
早く口にしたいので早速いただきます!

麦と麺助まずはスープから…見てください!
味付いてる?と思うくらい綺麗に透き通ってるスープですが、イリコの存在を邪魔しない絶妙な塩加減!
優しくまろやかスープに醤油のコクもしっかり残ってて美味です!
ひと口、二口、三口…スープが無くなってしまうので続いて麺に行きましょう!

麦と麺助麺は中太麺というところでしょうか?
自家製麺で、「スーパーはるゆたか」をメインに国産小麦をブレンドしており、小麦の香りもしっかり、コシもまろやかに感じました。
低温調理されたレアチャーシューも肉の旨味を感じられて、良い塩加減で味付けされています。
そのままでも非常に美味しいのですが、麺と一緒に食べてもgood!
小麦の風味とすごくマッチします!
炙り鴨つくねの中にはレンコンが入っているので、食感も楽しめますよ。

そしてこちらのラーメンで感じたのが、麺とスープと具材の共鳴が絶妙ということ。
お互いしっかり個性があるのに全く邪魔しないというか…相乗効果というか…出会ってくれてありがとうと感謝したいくらいです!

6.とろっとろの半熟卵入りの炙りチャーシュー丼

麦と麺助炙りチャーシュー丼もいい感じに裏切って来ましたよー!
ただのチャーシュー丼とは違い半熟卵が乗ってるじゃありませんか〜!
持ち上げてみると今にもこぼれ落ちそうなとろっとろの黄身が…

ん~もうよだれがとまらないです~!

チャーシューもしっかり炙られていて香ばしさと共に旨味が広がります。半熟卵と一緒に食べたら旨さがまろやかになりまた違った味に…!
コロコロしてる角切りのチャーシューではなく、薄く細かくカットされたチャーシューなので女性にも食べやすい大きさなのは嬉しいですね。

ちなみにコチラの炙りチャーシュー丼は平日のランチタイムのみ350円→300円で提供されています。
お腹に余裕があるのであれば、絶対に食べることをおすすめします!!(笑)

麦と麺助さん!ごちそうさまでした〜!

7.こだわりが詰まった店主おすすめの一杯を堪能あれ!

いかがでしたでしょうか?
「麦と麺助 新梅田中津店」のこだわり抜いた食材で作られた中華そば。
ラーメン屋と思わせないような店舗づくりにも魅了されること間違いなしです!
高級感あふれる店内だけでなく、丁寧な接客も印象的で、総合的に大満足なお店でした。
麺はもちろん、非常にリーズナブルな料金設定なのもいいですね。
店舗オープン時から今もなお行列ができる人気店な理由がなんとなくわかった気がします…!
御堂筋線中津駅からすぐのところにあり、大阪駅周辺からのアクセスもいいので、大阪に立ち寄った時にはぜひ行ってみてください!

それではまた、次回の記事でお会いしましょう!

店名:麦と麺助 新梅田中津店
住所:大阪市北区豊崎3丁目4-12
TEL:番号なし(予約不可)
営業時間:
月・水・木・金 11:00~15:30
土 11:00~16:00 18:00~売り切れまで
日 11:00~16:00
定休日:火曜日 ※月によって店休日があり、公式Twitterで発信していますので必ずチェックしていってください。
駐車場:なし
アクセス:御堂筋線中津駅 徒歩4分
阪急中津駅 徒歩9分
阪急梅田駅 徒歩10分

 

他にもあります!Natsuのラーメンレポート
【麺香房三く】福島で人気!行列ができる魚介系
阪急梅田駅に行列!「京都 麺屋たけ井」とは
【つけ麺四代目みさわ】洗練された究極の魚介豚骨
【らーめんあらうま堂】大阪梅田一番街店
【まんねん梅田本店】のとろっとろチャーシューに舌鼓!
ラーメン「2国(にこく)」のチャーシュー麺が凄かった
大阪人気ラーメン店「麺哲」で匠の醤油ラーメンを堪能
【もち極太麺!】ガツンと醤油 中華そば「麺屋7.5Hz+ 梅田総本店」

関連記事

ライター紹介

NATSU
NATSU
47都道府県のラーメンを年間100杯以上食べ歩くラーメン女子。 美味しいラーメンの為ならば、日本全国どこへでも足を運びます。 最近は、ラーメン店の期間限定ラーメンの制作に携わるなど、ラーメンに関する幅広い知識を生かした活動も行なっています。

Instagram
Instagram

#ういらぶ大阪
あなたのwe love 大阪を紹介してください。(大阪のグルメ、大阪のスポットなど限定)
読み込み中...
人気記事
ページトップへ